2019.11.12

翻訳における校正には2種類ある!対訳校正とネイティブ校正の違いを解説!

380f15242074ec225f2d0cea9781885f - 翻訳における校正には2種類ある!対訳校正とネイティブ校正の違いを解説!

海外に対して発信するPR文書や、Webコンテンツ、社内報告書や契約書など、日本語で書かれたものを翻訳する際には、文章が正しく翻訳されているかをチェックする必要があります。

校正には、「対訳校正」と「ネイティブ校正」という2種類があることをご存じですか?

この記事では、2種類の校正の違いを整理しています。
校正を翻訳会社に依頼する際に「対訳校正」と「ネイティブ校正」のどちらが必要かという判断材料の1つにしていただければ幸いです。

対訳校正とは?

校正とは、文章中の誤字や脱字をチェックし指摘することが主な作業です。
翻訳会社に対訳校正を依頼すると、誤字・脱字チェックに加えて、1つの文について文脈上正しいのか、事実と異なることがないかなどもチェックしてくれます。

対訳校正は、日本語から翻訳された文章が、原稿通り正しく翻訳されているかを確認する作業です。
元の翻訳文と翻訳された文章を比べて、スペルミス、誤訳、翻訳漏れを探します。

対訳校正を依頼する際の注意点

対訳校正は、翻訳者とは別の担当者に依頼するとよいでしょう。

第三者がチェックを行うことで、翻訳者本人がチェックするよりも校正の精度を高めることができます。
対訳校正の段階では、ネイティブが読むと、不自然に感じる表現が含まれている場合場合があるということも知っておきましょう。

ネイティブ校正とは?

校正の精度を高めることができます。
対訳校正の段階では、ネイティブが読むと、不自然に感じる表現が含まれている場合があります。

そこで、ネイティブ校正では、ネイティブが翻訳文を読んで自然な文章かどうかチェックします。
また、翻訳された文章にネイティブが通常使わない表現や、一般的な意味ではない表現などが出てこないかもチェックします。

ネイティブ校正を依頼する際の注意点

ネイティブ校正の段階では、ネイティブが翻訳された文章に違和感がないか確認します。

あくまでも翻訳された文章の不自然な部分や、通常使われない表現がないかを確認する作業です。
そのため、翻訳文が原稿通り正しく翻訳されていない場合、原稿が意図していることと意味合いがずれてしまうこともあるので注意が必要です。

「対訳校正」と「ネイティブ校正」の役割の違いを理解して依頼しよう

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んで、翻訳における「対訳校正」と「ネイティブ校正」の違いをご理解いただけたのではないかと思います。

「対訳校正」は、正しく翻訳されていることを確認する作業です。
一方、「ネイティブ校正」はネイティブが読んでも不自然さを感じず、ストレスなく読めるものにする作業です。

2つの校正のうち、どちらか一方のみの提供かまたは両方の提供かは、翻訳会社により異なります。
校正の内容については、事前に確認する必要があります。

依頼しようとしている会社がどちらの校正を行っているのか、または両方を行ってくれるのかを事前によく確認し、依頼するようにしましょう。

この記事を書いた人

h okamoto 300x300 - 翻訳における校正には2種類ある!対訳校正とネイティブ校正の違いを解説!

カスタマーサクセス 岡本

カスタマーサクセスの岡本こと「オカハル」です。営業職とWEBディレクターを経験し、現在はEMEAO!のカスタマーサクセスでみなさまにSuccessをお届けしております。お問い合わせいただいたみなさまの声を社内で共有し、お役に立てるような情報を発信しています!よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00
関連記事
発注したいジャンルを選択する