1623193 s - サーバーサイドで行うアプリ開発とは?使われる言語や開発方法を解説

サーバーサイドで行うアプリ開発とは?使われる言語や開発方法を解説

公開日:2023.11.23 最終更新日:2023.11.23

サーバーサイドで行うアプリ開発とは、WEBページなどと違いユーザーが見ることのできないコンピューターの裏側(サーバー側)で行うアプリ開発のことです。

アプリ開発をしたいと考えている企業の中には、具体的にどんな内容があるかわからない、外注や社内開発におけるメリットやデメリットが知りたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

上記のように考えている方へ向けて、サーバーサイドで行われるアプリ開発の具体的な内容や使われる言語、開発方法ごとのメリット・デメリットを解説します。

サーバーサイドでのアプリ開発を考えている方の参考になれば幸いです。

サーバーサイドで行うアプリ開発とは

サーバーサイドで行うアプリ開発とは、WEBページなどと違いコンピューターの裏側(サーバー側)で行うアプリ開発のことです。

サーバー側にはクライアント(ユーザー)が要求した情報を提供する役割があり、プログラムの実行やデータ処理を行います。サーバーサイドとクライアントサイドで行うアプリ開発は、ユーザーに見えるかどうかという側面で役割が異なるため、違いを理解することは重要です。

サーバーサイドとクライアントサイドの違い

サーバーサイドクライアントサイド
場所WEBサーバー、データベースWEBアプリケーションのすべて
役割要求された情報に応える欲しい情報を送る

サーバーサイドとクライアントサイドの違いは、場所と役割です。サーバーサイドは要求された情報に対して応える役割があり、WEBサーバーやデータベースが含まれます。

クライアントはパソコンを使っているユーザーを指し、テキスト、画像、ボタンなどユーザーに表示、実行されるWEBアプリケーションのすべてを意味するのがクライアントサイドです。

たとえば、ユーザーが何かを検索したとき、クライアントサイドからサーバーサイドに欲しい情報が送られ、コンピュータの裏側で要求に合ったデータの提供や処理が行われます。

サーバーサイドはバックエンド、クライアントサイドはフロントエンドとも呼ばれますが、正確には開発範囲が異なります。

バックエンドとフロントエンドの違い

バックエンドフロントエンド
開発範囲アプリ開発の裏側の部分ユーザーが直接触れる部分
業務内容サーバーサイドのシステム構築

データベースの構築

システムの保守・運用

アプリやシステムの操作画面を構築
言語Swift、Java、Ruby、PHPSwift、HTML、CSS、JavaScript

バックエンドはアプリ開発における裏側の部分であり、サーバーサイドのシステムやデータベースの構築、開発したシステムの保守・運用を行います。

バックエンドで使われる言語にはSwift、Java、Ruby、PHPがあり、他にもフレームワークの知識が必要なことがバックエンドの特徴です。

フロントエンドはユーザーが直接触れる部分を指し、WEB上にあるアプリやシステムの操作画面を構築します。ユーザビリティ(ユーザーが感じる操作性)の精度が求められる領域で、使われる言語にはSwift、HTML、CSS、JavaScriptがあります。

フロントエンドではユーザーにとってわかりやすく、使いやすいシステムであることが重要です。

おすすめのアプリ開発モデル

アプリ開発モデルのおすすめは以下の4つです。

  • ウォーターフォールモデル         
  • プロトタイプモデル            
  • スパイラルモデル             
  • アジャイルモデル

アプリ開発の工程は要件定義・基本設計・詳細設計・システム実装・テスト」のように分けられますが、モデルによって進め方が異なります。

それぞれ詳しく解説します。

ウォーターフォールモデル        

ウォーターフォールモデルは「水が落ちる」という意味で、ひとつひとつの工程をすべて終えてから次の工程に移るアプリ開発モデルです。

要件定義を終えた段階で開発スケジュールの把握ができ、必要な人員や予算がわかるメリットがあるため大規模案件や高い品質が求められる案件に向いています。

デメリットは、柔軟性がないため手戻りがないように進めなければいけません。

入念な要件定義がされず進めてしまうとイメージとのズレが生じ、求めていたものと違うシステムになってしまったり、手戻りが発生しかえって必要な工数が増えてしまうこともあります。

他にも開発途中での仕様変更が行いにくいため、ユーザーの意見を入れることが難しいです。

プロトタイプモデル 

プロトタイプとは試作品のことで、本格的な開発に入る前に発注側から試作品の機能に対してレビューが得られます。

ウォーターフォールモデルの開発終盤にどうしても手戻りが発生してしまう欠点を補ったアプリ開発モデルで、作り手と発注側の認識のズレがなくなります。そのため顧客満足度の高い製品が作成できることがメリットです。

プロトタイプモデルは小規模の開発に向いており、試作品を見ながら仕様を固められることから、顧客の具体的なイメージが決まっていない場合やシステム発注に慣れていない顧客におすすめです。

試作品づくりが必要なため、他の開発モデルより手間がかかるデメリットがあります。      

アジャイルモデル

アジャイルモデルとは、仕様や設定の変更があることを前提に、機能単位で開発を進めていくアプリ開発モデルです。

より良いものを効率的に開発するために生まれた開発方法で、サービス開始までの期間を短くでき、運用しながら修正をかけて品質をあげられるメリットがあります。

デメリットは、機能単位でスケジュールを設定し開発を進めていくため、全体のスケジュールのコントロールや進捗状況の把握が難しいことです。

アジャイルモデルは継続的に機能を実装していくプロジェクトや、正しいやり方が決まっていないシステム開発に向いています。

スパイラルモデル

スパイラルモデルは、機能ごとに要件定義・設計・実装・テスト・評価・改善を繰り返し、らせん状に開発を進めていく方法です。

機能単位で開発を進めていくアジャイルモデルと、試作品をつくってレビューを参考に改善していくプロトタイプモデルを合わせた手法と言えます。

手戻りを最小限に抑えられるだけでなく、仕様や設定の変更に柔軟に対応し効率的に開発を進められることがメリットです。

デメリットは、全体のスケジュール把握が難しいことに加え、試作品をつくることによるコストや工数の肥大化があげられます。

スパイラルモデルが向いているのは高品質を目的にした大規模開発や経験が浅いクライアントとの開発、最新技術を使った開発です。

サーバーサイドで使われている6つのプログラミング言語

サーバーサイドでのアプリ開発に使われるプログラミング言語は以下の6つです。

  • Swift
  • Java        
  • Python        
  • PHP            
  • Ruby       
  • Peal 

それぞれ詳しく解説します。 

Swift

Swift(スウィフト)とは、Apple社が開発したApple製品向けのアプリケーションを開発するためのプログラミング言語です。

従来のアプリ開発で使われてきたObjective-Cは、文法がわかりにくく習得が難しかったため置き換わる言語としてSwiftが発表されました。

シンプルな文法のため学習がしやすいだけでなく、処理速度がObjective-Cの2.6倍、Python 2.7の8.4倍と早い特徴があります。

また、Playgroundsの機能を活用することでリアルタイムで動作確認できたり、エラーに気づきやすい点もメリットです。なお、Apple製品以外のAndroidアプリなどは開発できないデメリットがあります。

 

Java

Java(ジャバ)は、C言語をベースにつくられたプログラミング言語です。

最大の特徴は開発環境と異なる実行環境でもプログラムが適切に実行されることにあり、さまざまなシステム開発に使われています。

たとえば、Webサービスや金融機関の基幹システム、Android向けのスマホアプリからIoT機器、カーナビや家電の組み込みなどです。他にも安定性があり処理速度が速いことやセキュリティ性が高いメリットもあります。

しかし、他言語に比べてコーディングに関する知識や難しい記述がの多いため、習得が難しいです。Javaは小規模開発より拡張性が力を発揮する大規模な開発に向いています。

Python

Python(パイソン)は、科学技術分野をはじめ幅広い分野で使われている「インタプリタ言語」です。

コードをすべて書いてから機械語に変換するコンパイラ言語と違い、インタプリタ言語はコードを実行する際に一行ずつ機械語に翻訳します。プログラム実行に変換作業が加わるため速度は遅いですが、プログラムをすぐに実行できるだけでなく即座にエラーを見つけられることが特徴です。コンパイラ言語は実行速度が速い反面、コンパイラするまでエラーが見つけられない欠点があります。

Pythonはシンプルでコード記述が短いスクリプト言語で、データの収集や分析の強さからAI(人工知能)の開発に適しています。

PHP

PHP(ピー・エイチ・ピー)は、動的なWebページを作成できるサーバーサイドのプログラミング言語です。

動的なWebページとは、ユーザーがアクセスした時間やタイミングで表示される内容が変わるページのことで、たとえばAmazonやZOZOTOWNなどがあります。

PHPはHTMLで記述された内容の途中にプログラムを書き足せるため、PHPとHTMLを1つのファイルにまとめられることが特徴です。

Webページを作成する時にPHPと一緒によく使われる言語にJavaScriptがありますが、PHPがサーバーサイドのプログラミング言語であるのに対し、JavaScriptはクライアントサイドのプログラミング言語です。

Ruby

Ruby(ルビー)は、1995年にまつもとゆきひろ氏によって開発されたオブジェクト指向スクリプト言語。日本で初めて国際規格の「国際電気標準会議(IEC)」に認定されました。

オブジェクト指向とはデータや変数などの共通点をまとめて管理する手法で、スクリプト言語とはシンプルでコード記述が短い性質を持つアプリケーションソフトウェア作成のための言語です。

RubyはPythonと共通点が多く、初心者が習得しやすい言語のひとつといえます。

Rubyで開発できるものはPythonでも可能ですがそれぞれ得意分野があり、RubyはショッピングサイトやアプリケーションサイトなどフレームワークをつかったWebサイトの構築が得意です。

Peal

Peal(パール)は、RubyやPython、PHPと同じ初心者が習得しやすいスクリプト言語で、さまざまなシステム開発に使われています。

コンパイラ作業を必要としないインタプリタ言語のため、確認作業をしながらプログラムを書けるだけでなくエラーにもすぐ対応できることが特徴です。

30年以上と歴史がある古い言語で、現在はPythonやPHPなど新しいプログラミング言語のシェア率が高まっているためPealの新規案件は減っています。

しかし、Pealで開発されたシステムは現在も多く存在し保守・運用も継続されるため、使用機会はまだまだあるでしょう。

アプリ開発の方法は外注と自社開発

アプリを開発する方法は外注と自社開発の2つです。それぞれのメリット、デメリットを把握し、自社に合った方法を見つけてください。

外注のメリット・デメリット

アプリ開発を外注するメリットは、専門知識を持つプロに依頼することで品質の高いアプリを速く開発できることです。仕様の作成からプログラミングまですべて任せることで、スケージュール把握や人員配置などを自社で苦労して管理する必要がなくなります。

デメリットは、自社開発に比べて費用がかかることです。また、アプリ開発はリリース後の保守・運用でもメンテナンスが必要なため、アフターサポートがあるかどうかも会社選びのポイントです。

自社開発のメリット・デメリット

アプリを自社開発するメリットは費用が抑えられることです。自社の社員が業務の中で取り組むため特別なコストが発生しません。他にもスケジュールや仕様の変更など、何かあっても柔軟な対応が可能です。さらにアプリ開発のノウハウが社内で蓄積されれば、次の開発に生かせるメリットもあります。

デメリットは、社員のスキルや経験によって開発期間が伸びたり上手く開発が進まない可能性があることです。他の業務と同時に行うため、バランスをとるのが難しいでしょう。

まとめ:サーバーサイドでアプリ開発を行うならEMEAO!

サーバーサイドでアプリ開発を行う場合に使われる言語はさまざまで、プロジェクトごとにどの開発モデルが合うかも変わります。

自社開発では費用を抑えられたりノウハウが得られるメリットがありますが、品質の高いアプリを開発したいと考えている方には、プロへの外注がおすすめです。

しかし、数ある開発会社の中でどの会社を選べばいいかわからない方もいるでしょう。EMEAO!ならクライアント様の要望に沿った開発会社を紹介することが可能です。アプリ開発の外注を考えている方は、ぜひ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

業者選びに迷ったらエミーオ! 業者選びに迷ったらエミーオ!

ぴったりの業者を
無料で紹介します

ご相談はこちら ご相談はこちら お電話はこちら お電話はこちら

この記事を書いた人

hata

1623193 s - サーバーサイドで行うアプリ開発とは?使われる言語や開発方法を解説
この記事が気に入ったら いいね!!しよう!
アプリ開発の関連記事

EMEAO!業者選定ガイドとは

業者,選定

いろいろな業種の「発注のお悩み」を解決するウェブマガジンです

このサイトは、専門業者紹介サービス、エミーオ!が運営しています。エミーオ!は、発注したい仕事の詳細をお伺いし、それに応えられる業者を紹介する完全人力サービス。
自動化された見積もり比較サイトとの違いは、お客様の問題解決に注力していること。専門性の高いスタッフが案件を理解した上で業者を選定しています。
このウェブマガジンは、エミーオ!を通して得た、さまざまな業種のお悩みや旬の話題をお届けしています。

ポイント

業者選びのコツがわかるから失敗を防げる

ポイント

関係あるビジネスの
トレンドがわかる

ポイント

今さら聞けない業界知識がよくわかる

お客様のご利用エピソード

コンシェルジュが仲介してくれるので安心して業者探しを相談できまし...
原状回復

コンシェルジュが仲介してくれるので安心して業者探しを相談できました!【お客様の声|原状回復】

お客様の声
業者選びの手間がはぶけて、オフィスの移転準備がはかどりました!【...
ビジネスホン

業者選びの手間がはぶけて、オフィスの移転準備がはかどりました!【お客様の声|ビジネスホン】

お客様の声
業者を乗り換えて反響率が1%未満から2.8%にアップしました!【...
ポスティング

業者を乗り換えて反響率が1%未満から2.8%にアップしました!【お客様の声|ポスティング】

お客様の声
台数や機種についてアドバイスをもらい、最適な条件で発注できました...
防犯カメラ

台数や機種についてアドバイスをもらい、最適な条件で発注できました【お客様の声|防犯カメラ】

お客様の声
細かい条件で業者を絞り込めるので、簡単に最適な1社が選べました!...
清掃業者

細かい条件で業者を絞り込めるので、簡単に最適な1社が選べました!【お客様の声|清掃業者】

お客様の声
難しい条件にも関わらず、翌日には複数業者を紹介してもらえました!...
翻訳会社

難しい条件にも関わらず、翌日には複数業者を紹介してもらえました!【お客様の声|翻訳会社】

お客様の声
前の外注先とは比べられないほど正確な翻訳会社に出会えました!【お...
翻訳会社

前の外注先とは比べられないほど正確な翻訳会社に出会えました!【お客様の声|翻訳会社】

お客様の声
長期的にお付き合いしたい、親切な業者を紹介してもらいました!【お...
決済代行

長期的にお付き合いしたい、親切な業者を紹介してもらいました!【お客様の声|決済代行】

お客様の声
相見積りをとってランニングコストを30%も削減できました!【お客...
複合機

相見積りをとってランニングコストを30%も削減できました!【お客様の声|複合機】

お客様の声
業者選びがスムーズに進み、余裕で納期に間に合いました!【お客様の...
ビジネスホン

業者選びがスムーズに進み、余裕で納期に間に合いました!【お客様の声|ビジネスホン】

お客様の声
もっと見る→

条件・要望にぴったりな業者がみつかる

専門業者ご紹介サイト

業者選びに迷ったらエミーオ! サービスの詳細はこちら
0 登録不要
完全無料
楽々 コンシェルジュ
に相談するだけ
安心 評判の良い
業者をご紹介
迅速 お急ぎ案件も
お任せ!
ご要望を
お聞かせ
ください

条件・要望に沿える業者のみを厳選してご紹介します。簡単5分のご相談で満足いく業者がきっと見つかります。

サービスの詳細はこちら お電話はこちらから メールでのお問い合わせはこちらから