2019.10.28

生活ツール・便利ツール系アプリの開発を依頼する際の3つのポイント

4d5386c53f1385c4a9b8655a94d01855 - 生活ツール・便利ツール系アプリの開発を依頼する際の3つのポイント

日常の中でちょっとした不便さを解消して便利にするのが、生活ツール・便利ツール系アプリです。
生活・便利ツール系アプリはカテゴリが無数に分かれており、毎日ニュースを配信するアプリや、料理のレシピを配信するアプリも生活・便利ツール系アプリに分類されます。

生活ツール・便利ツール系アプリは、ユーザーのニッチな要望に応えて生活を便利にするための、独自の機能を持ったアプリが多いです。
そのため、爆発的な人気は出なくとも、一定の需要数が見込めることが多いのが特徴です。

もし、生活・便利ツール系アプリを開発する際、サービス内容によってどのような点に気を付ければいいのか分かりづらいですよね。

本記事では、生活ツール・便利ツール系のアプリの開発を業者に依頼する際のポイントを、サービスの内容ごとにいくつか例をあげて紹介していきます。

生活・便利系ツールの開発をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

生活・便利ツール系アプリの中から3種類を紹介します!

それでは、生活・便利ツール系アプリの中から3種類をピックアップして紹介していきます。
本記事が解説するのは、以下の3種類のアプリです。

  • 便利系ツール① 検索・口コミ系アプリ
  • 便利系ツール② チラシ・クーポン系アプリ
  • 便利系ツール③ 管理系アプリ

便利系ツール① 検索・口コミ系アプリ

皆さんの中にも飲食店を探す際、ぐるなびや食べログのような口コミで評価されるアプリを利用したことがある人はいるのではないでしょうか。
他者の意見が比較できるので便利ですよね。

生活・便利系ツールアプリの1つとして、このような店や商品を検索して口コミで比較できるタイプがあります。

このアプリの特徴としては、実際にユーザーが商品を購入したり、店舗を利用することでその満足度を口コミとして自由に書き込めることにあります。
ユーザーはそれぞれ対象物に評価をつけることができ、実際に体験した人の意見が聞けて総合評価のできるところがメリットです。

検索・口コミ系アプリを開発する際に、気をつけなければいけない点は膨大なデータ量が必要だということです。
アプリがリリースされ、ユーザーが自主的に書き込んでくれるまでは自社で対象物の評価データを集めなくてはいけません。

まず一定のデータ取得を行ってから、アプリ開発を行ったほうが公正な評価のできるアプリが開発できるでしょう。

便利系ツール② チラシ・クーポン配布系アプリ

チラシ配布系アプリとして代表的なものが「Shufoo!」です。
このアプリは、ユーザーが登録した地域で近い掲載店舗からのチラシのみを配信できる仕組みとなっています。

掲載店舗は月額料金を支払うことで、限定的に需要のあるユーザーへと配信ができます。
それによって、ポスティングや折り込みチラシなどの手間やコストを削減できます。

このアプリの目的は、店舗側のコスト削減とユーザーの生活を便利にすることにあります。
期間が終わって不要になったチラシを処分する手間を省き、ネットで見られる便利なチラシツールとして、主婦層の人気を集めています。

チラシ・クーポン配布系アプリを開発する際気を付ける事は、掲載店舗と一定の契約数が必要だということです。
配信できるチラシがなければユーザーには見向きもされません。

あらかじめ掲載してくれる店舗を、一定数用意できる状態で開発に臨みましょう。

便利系ツール③  管理系アプリ

生活・便利系ツールアプリの中でも、自分の一定の行動を管理する便利なアプリは多く配信されています。
客観的に行動の管理ができるため、便利ツールとしては人気の高いコンテンツです。

例えば、家計簿アプリでは月々の収入と支出を簡単に管理できて便利です。
月ごとにどの程度出費しているのかをグラフ化できるものもあり、客観的に自分の行動を見られるという特徴があります。

管理系アプリを作成する際のポイントとして、具体的な行動を管理することに特化させたほうがユーザの目に触れやすくなります。
なぜなら、ユーザーのニッチな要望に応える管理系アプリのほうが、数多くの管理系アプリの中でも独自性を出すことができるからです。

普遍的な管理アプリであると、どうしても機能は汎用的なものになってしまいます。
一定の行動管理に特化させたアプリを作ることで、より便利で具体的なサポートが可能になります。
ユーザーの登録情報から行動の分析を行い、それに対応したアドバイスができるようなサポート機能を搭載しやすいメリットもあります。

独自性を出したアプリ開発を

今回は、生活ツール・便利ツール系アプリの開発を依頼する際のポイントについて、いくつか例をあげて紹介してきました。
自社にとって生活ツール・便利ツール系アプリ開発の外注が必要か判断する材料にとなりましたでしょうか。

ツール系アプリは、日常生活を便利にすることを目的として作られているため、独自性の強い機能をもつものが多いです。
提供したいサービス内容が、ユーザーにとってどれだけ需要があるのかをリサーチしておくことも大切でしょう。

今後、生活ツール・便利ツールアプリの開発を外部受注する予定の方は、ぜひ本記事を参考にしていただければと思います。

この記事を書いた人

hamagishi 300x300 - 生活ツール・便利ツール系アプリの開発を依頼する際の3つのポイント

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸こと「はま~」と申します。EMEAO!のWebコンテンツの記事を作成させていただきます。 身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました。 豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する