2020.01.23

主装置よりもPBXの方がいい?PBXを導入するメリットを解説

c7f92612a56eb30400ec97118f474767 - 主装置よりもPBXの方がいい?PBXを導入するメリットを解説

この記事を書いた人

332df568e0b62f4b6d82a1e704c22f0a 300x300 - 主装置よりもPBXの方がいい?PBXを導入するメリットを解説

編集部員 岡本

編集部の岡本です。以前はWEBディレクターとして中小企業のホームページ制作のディレクション等をしておりました。ユーザー様の声をきちんとコンテンツの内容や方向性に反映して、より良いメディアに出来るように日々精進してまいります。

※この記事は2020年5月26日に更新されました

近年、インターネットに対応したPBXが登場して、今までになかったサービスなどが提供されるようになりました。

この記事では、ビジネスホンを今まで通り使っている企業様向けに、PBXを導入するメリットについて解説していきます。
※PBXには、レガシーPBX、IP-PBX、クラウド型PBXの3種類がありますが、今回は特にIP-PBXとクラウドPBXを導入するメリットについて触れていきます。

この記事でわかること
  • IP-PBXとクラウドPBXを導入するメリット

そもそもPBXとはなに?ビジネスホンとの違いは?

PBXとは、電話機同士の内線・外線の制御をする電話交換機のことです。
複数の電話機をPBXに接続することで、内線や保留を複数の電話機間で共有ができ業務の効率化を実現します。

利用するには定額の月額料金を支払う必要があり、利用するユーザー数によって料金が変動する仕組みです。

PBXとビジネスホンの違い

PBXとほぼ同じ機能をもつビジネスホンの主装置ですが、PBXは主装置と異なり工事が不要という大きな違いがあります。

また、PBXはネット回線を利用して通信を制御するため、離れた場所にあるオフィス同士でも内線を接続することができます。
ただし、主装置と異なり月額料金が発生するためランニングコストはかかります。

ビジネスホンの主装置とPBXとの詳しい違いについては、こちらのビジネスホンの主装置の解説をご覧ください。

IP-PBXまたはクラウドPBXを導入するメリット

ここからは、IP-PBXとクラウドPBXを導入するメリットを解説していきます。

メリット①導入のしやすさと導入コストの安さ

IP-PBXとクラウドPBXは導入する際に工事は不要ですが、社内LANにつなげて導入するのかクラウドで使うのかという違いがあります。

IP-PBXの場合

IP-PBXはネットワークを使うので、社内に電話線を配線する必要がなくパソコンのように社内LANに接続するだけで内線電話網が構築できます。
社内LANにつなぐだけなので、電話線の配線工事が不要で工事費がかかりません。

クラウドPBXの場合

クラウドPBXとは、今まで装置で提供していた機能をクラウド上のサーバーが提供するサービスのことを言います。
オフィス内にPBX装置を置く必要がないため、装置の購入費と工事費がかかりません。

メリット②スマートフォンでも使える

IP-PBXとクラウドPBXは端末に依存しないので、モバイル端末に対応が可能です。
モバイル端末で通信する際に、Wi-Fiにつなぐのかクラウドで使うのかという点に違いがあります。

IP-PBXの場合

IP-PBXはWi-Fiに対応しているため、スマートフォンを内線電話端末にすることができます。

スマートフォンを内線電話の端末にすることで導入コストと通信費を抑えることができます。
また、キャリアの指定がないので、希望のキャリアと契約することも可能です。

クラウドPBXの場合

IP-PBXと同じく専用の端末は必要なく、クラウドにつなげるのでスマートフォンで使用可能です。
また、どのキャリアとも契約できるので通信費を削減できます。

メリット③パソコンで使っているシステムと連携が可能

IP-PBXは、CTIで使われているアプリケーションと連携させることができます。
顧客との会話を録音したり、コールセンターのシステムと連携可能です。

IP-PBXの場合

IP-PBXは、CTIで使われているアプリケーションと連携させることができます。
顧客との会話を録音したり、コールセンターのシステムと連携可能です。

クラウドPBXの場合

多くのクラウドベースPBXサービスは、開発元が提供するサービスを利用できます。
電話をかけるだけでなく、電話会議機能、会話録音機能、電話・FAX・メールなどの情報を一元管理する機能などが使えます。

IP-PBXまたはクラウド型PBXを導入するメリットは、コストの安さと融通が利くことなどです

以上、PBXを導入するメリットについて解説してきました。

IP-PBXとクラウドPBXに共通するメリットは導入コストが抑えられてスマートフォンでも使えることです。
大きな差は通話に関するサービスの豊富さで、クラウドPBXではサービス事業者の提供する電話会議機能などのサービスが付いてきます。

IP-PBXとクラウドPBXのどちらを選ぶかは、この記事を参考に自社のネット環境に合わせて検討しましょう。

とはいえ、自力で候補のPBXをピックアップして比較して選ぶことは時間も手間もかかりますよね。
EMEAO!にご相談いただければ、自社のネット環境に最適なPBXを提案するビジネスホン業者をご紹介します。
PBX選びに悩んでいる事業者様は、ぜひEMEAO!をご利用ください。

ビジネスホンの関連記事
発注したいジャンルを選択する