2019.08.13

ビジネスホンを入れ替える際に見積りを安く取るコツを解説します

161f991ac25c78ede8e358c6ffb826c5 1 - ビジネスホンを入れ替える際に見積りを安く取るコツを解説します

ビジネスホンを入れ替える際、もっともに気になるのが費用についてではないでしょうか。
1台ならばそれほど高い費用ではありませんが、数十台をそろえるとなると、かなり大きな金額が必要となります。
なるべく1台1台にかかる費用を抑えて節約したいですよね。

そこで、今回の記事ではビジネスホンを入れ替える際の見積りを安く取るコツを3つご紹介します。
コツさえ知っておけば、ビジネスホン入替えにかかる費用をかなり抑えることができるでしょう。
ぜひ、ビジネスホンの見積りを予定している方はご参考にしてください。

見積りが安くなるコツ①会社に必要なビジネスホンを改めて検討する

はじめに解説するのは、「会社に必要な機能のあるビジネスホンを改めて検討する」というコツです。

昨今のビジネスホンの機能は実に多様であり、実際には業務で使わない機能も含まれているケースがあります。
あなたの会社でも現在使っているビジネスホンを導入する際についつい追加したけれど、現在ほとんど使われていない機能はありませんか?

もし使っていない機能があるならば、入れ替えのタイミングで思い切って排除してしまいましょう。
機能の選別のポイントとしては「絶対に必要な機能」は残して、「必要かもしれないと思う機能」は切り捨てるということを判断基準にしてください。

つまり、必要最低限の機能を持った端末を選択することで、見積の中の端末費を安くすることができるわけです。

見積りが安くなるコツ②中古の端末を選択肢に入れる

また、新品ではなく中古の端末を選ぶことでも、端末の本体価格をおさえて見積り金額を安くおさえられるでしょう。

いくら最低限の機能に絞ったとしても、やはり新品で端末を揃えるとそれなりのお値段がかかります。
一方で中古の端末ならば、ビジネスホンに必要な最低限の機能は揃っていてもかなり安く購入することができます。

もし最新の機能を欲しないのであれば、中古品も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

見積りが安くなるコツ③相見積りをとる

最後に紹介するのは、相見積りをとるというコツです。
相見積りとは、複数の業者から見積りを受け取り、その中でもっとも安い業者と契約する行為です。

相見積りをとることで、業者間で価格競争を起こし、見積り金額を安くすることができます。
競争を促すために、見積りを依頼する時点で「相見積りを取らせていただいています」と業者に伝えておくのがおすすめ。
業者は他社よりも安い見積りを出して契約を勝ち取ろうとするわけです。

相見積りを取っている旨を伝えることに躊躇する人も多いですが、業者の側も相見積りを取られることは想定しています。
失礼となる行為ではないので安心してください。

3つのコツを抑えて、ビジネスホンを安く入れ替えよう!

今回は、ビジネスホンを入れ替える際の見積りを安く取るコツを3つ紹介しました。

ビジネスホン1台の値段はそれほど違いがないように思えても、台数が増えるほど合計金額に大きな差が出てきます。
最低限の機能を選び、中古も選択肢に入れて端末1台ごとの費用を安くしましょう。

また、相見積りをとって業者間で価格競争を起こし、なるべく安い見積りを引き出しましょう。

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - ビジネスホンを入れ替える際に見積りを安く取るコツを解説します

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00
関連記事
発注したいジャンルを選択する