2019.10.28

不動産業界必見!ポスティングのチラシのデザイン4つのポイント

12efc72efa7a0318c05679ce17194675 - 不動産業界必見!ポスティングのチラシのデザイン4つのポイント

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - 不動産業界必見!ポスティングのチラシのデザイン4つのポイント

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集・執筆とお客様へのインタビューを担当させていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

※この記事は6月2日に更新されました。

不動産業界の広告手段として、ポスティングは非常に効果が高いことをご存じでしょうか?
なぜなら、売りたい物件の周辺エリアに集中的に広告を出せるからです。

そこで本記事では、ポスティングの宣伝効果をさらに上げるため、不動産の宣伝チラシをデザインする際に気を付けたい4つのポイントを紹介していきます。
不動産業界の事業者様や宣伝のご担当者様は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • 不動産チラシをデザインする際の4つのポイント
  • ポスティングに適した時間帯

不動産チラシの効果を上げられるデザインとは?

チラシのデザインは、ポスティング会社に依頼することもできますし、自社で作成したデザインを持ち込むこともできます。
ポスティング会社にデザインを依頼する場合でも、必要な知識は持っておいて損はないでしょう。
チラシのデザインを自社でチェックする際、大切なポイントをしっかりと覚えていれば、担当者とのやり取りがスムーズに進みます。

また、ポスティングが不動産業界の広告手段としてオススメな理由について詳しく知りたいという事業者様は、以下の記事をご覧ください。

それではさっそく、不動産広告のチラシをデザインする際の4つのポイントを紹介していきます。

ポイント①チラシに載せる間取り図や外観写真は厳選する

ポスティングは、チラシを手に取ってもらえるので画像や写真を見てもらいやすい宣伝方法です。
建物の間取り図や外観写真で訴求しやすい不動産広告にとって、高い効果を発揮します。

ただし、間取り図や外観写真が汚いチラシだと逆に、悪いイメージを印象付けてしまう可能性があります。
物件の魅力をアピールできる絶好のチャンスなので、掲載するデータは妥協せず厳選しましょう。

不動産チラシに載せる画像データの注意点

  • 解像度が粗いものは使わない
  • 手書きやFAXなどの間取り図は避ける
  • 写真が暗い場合は明るさを調整する
  • 天気や写り込むものに気を付ける

間取り図は最低限、手書きや荒いFAXの画像ではなく、パソコンで作成したデータにしましょう。
チラシ用に不動産の外観写真を新しく撮る際には、建物がより綺麗に撮る角度を探したりまわりにある木々も入れるなど、細心の注意を払いましょう。

ポイント②チラシを見た人が実際の暮らしをイメージできる内容にする

不動産広告で最も大事なのは、実際に建物に住んで生活している様子をイメージさせることです。
その場所で暮らすとどのようなメリットがあるかを、チラシでアピールするようにしましょう。

例えば、閑静な住宅街である、学校が近い文教地区である、商業施設が近い、公園が近いといった特徴がアピールポイントになります。
不動産チラシには、そのアピールポイントに適したキャッチコピーや写真を盛り込むと、住み始めてからの快適な暮らしをイメージしてもらえるはずです。

ポイント③不動産会社のアピールもしっかりと盛り込む

お客様が不動産の購入や借り入れを検討する際には、家や土地だけでなく、それを扱う会社自体のイメージも重要な要素になってきます。
不動産会社の良いイメージをアピールする要素をチラシにプラスすると、より広告効果を上げられるでしょう。

チラシ上での不動産会社のアピールポイント

  • 社長や社員の顔写真
  • テレビCMなど他媒体での露出
  • 有資格者の在籍数

社長や社員の顔写真を不動産チラシに掲載することによって、会社への親しみやすさを感じてもらえますし、宅地建物関連の有資格者の数を載せれば信頼性の高さをアピールできます。

ポイント④特典をつけて現地に足を運んでもらえる工夫を

不動産を売るためには、見込顧客にモデルルームやショールームまで足を運んでもらうことが必要です。
チラシには現地まで足を運んでもらうための工夫をするようにしましょう。

例えば、ティッシュやお菓子などがもらえる引換券をチラシにつけることで、モデルルームやショールームに足を運ぶきっかけにつながります。

ポスティングに適した時間帯

ポスティングには、ターゲットに見てもらいやすい時間帯があります。
配布に適した時間帯は朝7時~8時頃、もしくは夕方過ぎの午後6時~7時頃です。

詳しい理由は、こちらの記事を参考にしてください。

チラシのデザインを工夫して、不動産広告のポスティングの効果を上げよう

以上、不動産業界におけるポスティングの宣伝広告効果をさらに上げるための、チラシデザインの4つのポイントをご紹介してきました。
本記事でご紹介したポイントをおえたチラシを用意することで、より高い広告効果を得ることができます!

これからポスティングを行う予定がある不動産会社のご担当者様は、ぜひ4つのポイントを意識してみてください。

「デザインは用意できたので、あとは配布してくれるポスティング会社を探すだけ!」
「4つのポイントを抑えてくれるポスティング会社にデザインを依頼したい!」
このようにお考えの方は、業者紹介サービスのEMEAO!をぜひご利用ください。

専門のコンシェルジュが、最適なポスティング会社のみを厳選してご案内するサービスです。
お客様側で面倒な手続きはなく、配布エリアやご希望の枚数など、簡単な条件をお伝えいただくだけ!

完全無料でご利用いただけますので、お気軽にお問い合わせください。

ポスティングの関連記事
発注したいジャンルを選択する