2019.08.29

ポスティングの集客率をUPさせるためのコツ3つ

18281a621bb4d8b7c08205a6cdd3145a - ポスティングの集客率をUPさせるためのコツ3つ

「ポスティングでの集客率をUPさせたい!」
これはポスティングを行う会社の多くが抱える思いでしょう。

ポスティングは一定の地域に集中的かつ網羅的に広告宣伝を行うことのできる広告宣伝方法ですが、他の郵便物との差別化ができていないとターゲットの目に留まらないというデメリットもあります。

そこで今回の記事では、ポスティングの集客率をUPさせるコツを3つご紹介します。ポスティングの集客率に悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

ポスティングの集客率をUPさせるための3つのコツ

コツ①チラシを目立つデザインにする

はじめに紹介するコツは、人の目を引くデザインのチラシを制作するということです。

自宅でポストを開けた時のことを思い出してみてください。
郵便物の量が多いと、チラシはパッと一目見ただけで処分してしまうことが多いのではないでしょうか。
つまり、チラシをよく見てもらえるようにするためには、目を向けられた一瞬で興味を引く必要があるというわけです。

ターゲットによって目を引きやすい雰囲気や文章は変わってきますが、基本的に以下の4つのポイントは意識してデザインを決定するようにしましょう。

目立つチラシデザインにするための4つのポイント

  • 同業他社と雰囲気の異なるチラシを目指す
  • 色を3色程度におさえる
  • ターゲットに有益な情報を大きな文字で表示する
  • 印象的な画像を使う

複数の色が使われて文字がぎっしりと並んだチラシ10枚の中に、キャッチコピーが大きく入った3色のチラシが1枚あれば、強く印象に残るはずです。

コツ②チラシを配布する曜日を工夫する

また、チラシを配布する曜日を変えるだけでも、集客率は変化します。

一般的にポスティングのチラシが最も多く配布されるのは、金曜日です。
これは一週間の仕事を終えた開放感とともにチラシを見てもらい、来店や認知を促そうとするため。

しかし、金曜日にはチラシが集中的に配布されるため、1枚1枚のチラシがターゲットの目にとまる確率は低くなってしまいます。
あえて金曜日を避けた方が、読んでもらえる確率が上がり、集客率が高まる場合もあるのです。

金曜日以外の曜日であれば、週の真ん中である水曜日は特に配布されるチラシが少ない傾向があり、狙い目といえます。

コツ③ポスティングを長期的に継続して行う

ポスティングをはじめて思うように結果が出なかった場合、すぐにポスティングをやめて、他の広告宣伝方法を検討する方もいるでしょう。
しかし、それはもったいない選択です。

ポスティングによる集客率は、継続的にポスティングを行っていくことで改善することができるからです。

まず、単純に目にとまる回数が増えるため、認知度が高まっていきます。
すぐにはあたなが提供している商品やサービスを必要としていなかったとしても、必要になった時に最初に思い出してもらえるようになるでしょう。

また、継続してポスティングを行うことで、過去の反響率を分析して改善策を考えることができるようになります。
配布する曜日や時間帯、チラシデザインなどを変化させながら調査を繰り返せば、狙ったターゲットにより届きやすいポスティングの方法が明確になってくるはずです。

3つのコツを試して、ポスティングによる集客率UPを目指そう!

今回はポスティングによる集客率を改善するための3つのコツをご紹介しました。
ポスティングは決して難しい広告宣伝方法ではありませんが、工夫次第で集客率は大きく変わってきます。

現在ポスティングを行っているけど成果が出ていないという方は、ぜひ本記事で紹介した3つのコツを参考に、改善策を考えてみてください。

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - ポスティングの集客率をUPさせるためのコツ3つ

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する