2019.08.29

ポスティングの効果を最大限に引き出すためのコツとは?

5843da6cf52489a81423a5f3af10dcf8 - ポスティングの効果を最大限に引き出すためのコツとは?

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - ポスティングの効果を最大限に引き出すためのコツとは?

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集・執筆とお客様へのインタビューを担当させていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

住居の郵便受けにチラシを投函していくポスティングは、一定の地域に集中的に宣伝を行うことができる広告手法です。
しかし、その反響率は0.1~0.3%と言われています。
せっかく費用を払って依頼するのですから、できるだけ効果は上げたいものですよね。

そこで今回の記事では、ポスティングの反響率をUPさせ、効果的に使うための3つのコツをご紹介します。
効果的なポスティングを行いたいとお考えの事業者様は、ぜひ試してみてください。

ポスティングの効果と、効果が出る3つの理由

ポスティングを行う効果は、費用を抑えながら企業やサービスの知名度の向上、およびそれによる集客アップや取引の拡大ができるという点にあります。

しかし、どのような仕組みでこのような効果が得られるのでしょうか?
まずはポスティングの効果が出る3つの理由を確認しましょう。

理由①視界に入り、手にとってもらいやすい特徴がある

「自分は、ポスティングのチラシはすぐに捨ててしまうから、効果がないように思う」
このような方も多くいらっしゃることでしょう。

しかし、捨てるということであっても、ほとんどの場合一度はチラシを手に取ります。
そこで、自分にとって必要なものかそうでないかを判断するために確認するという工程が入ります。
そのため、効果的なデザインであれば社名やサービス内容は視認してもらうことができるのです。

理由②何度も配布を行うことで、記憶してもらいやすい

上記、理由①では「捨てられる場合でも、チラシを見てさえもらえれば社名を視認してもらえる」とお伝えしました。

しかし、
「せっかく見てもらえても、捨てられれば意味がないじゃないか!」
と思ってしまいますよね。

実はポスティングは、同じ地域に複数回にわたってアプローチを行うことで効果が発揮されるものなのです。
一度は捨てられてしまっても何度か配布を行うことで印象に残り、徐々に興味を持ってもらうことで内容をよく読んでもらえる可能性があります。

理由③物理的な媒体なので、保管してもらえる可能性が高い

近年主流である集客手法はやはりSNSなどを用いたインターネットの広告ですが、ポスティングにはインターネットにはない強みがあります。
それは、保管してもらえる可能性が高いこと。

インターネットの広告は、自分には不要だと感じれば×ボタンを押して非表示にできるため、再び見ることはそう多くはありません。
その時に違う情報を求めている場合であれば、見向きもされないこともあります。

しかし、ポスティングのチラシは「あとで一応読もう」と保管してもらえる可能性があり、受け手が「読みたい」と思ったタイミングでじっくりと読み返してもらうこともできます。

ポスティングの効果が出ない3つの原因

ここまで、ポスティングによって得られる効果とその要因をご紹介しました。
しかし、時には期待した効果が得られないという結果になってしまうことも。

しっかりとポスティングの効果を出すために、効果が出ない場合の原因も確認しましょう。

原因①チラシのデザインが良くなかった

ポスティングは、チラシに興味を持ってもらうことが前提ですから、デザインがマッチしていなければ効果は期待できません。
チラシのデザインにおける問題点として、具体的には下記のような内容が考えられます。

チラシのデザインで考えられる問題点

  • 情報が多く、どこを見ていいのかがわかりづらい
  • デザインがターゲットに合っていない
  • 「何を伝えたいチラシなのか」が定まっていない
  • 文字が極端に小さい、装飾が少なすぎるなどデザインのクオリティが低い

上記のようなチラシであれば、たとえ手に取ってもらったとしても
「なんの宣伝なのかよくわからないな……」
「なんだか怪しそう……」
という印象を抱かれてしまう可能性があります。

原因②自分や自社スタッフでポスティングを行った

「ポスティングは業者に頼むとお金がかかるから、自分でやろう!」
このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、ポスティング業者の配布料金にはしっかりと根拠があります。
ポスティング業者は、長年蓄積された知識や経験をもとに、
「この商材はどの地域に、何曜日に配布すれば効果が出るか」
「前回はこのような結果だったから、この部分を変えてみよう」
といったように、しっかりと効果の出るポスティングの戦略を熟知しているのです。

費用を気にして、ポスティング知識のない自社の従業員や質の悪い業者に依頼すると、結局効果が出ずに費用対効果はかえってマイナスになってしまいます。

原因③1度しかポスティングを試していない

先ほどもお伝えしたように、ポスティングは継続的に行うことで効果が出るものです。

お試しで1度ポスティングを行ってみて、ほとんど効果が得られなかった場合、これ以上お金をかけたくないと考えてしまいますよね。
しかし、集客ノウハウを熟知したポスティング会社であれば、結果をもとに改善点を見つけて新たな提案を行ってくれます。

思うような効果が得られないと、「失敗した」「お金を無駄にしてしまった」と感じてしまいがちです。
しかし、最初のポスティングの結果が2回目、3回目以降に効果を出すためのデータとなるのであれば、決して無駄ではありません。

逆に1度しか行わないと、思うような効果は得られず、配布費用だけがかかってしまい、継続的に配布を行わないため配布先に社名を覚えてもらう確率も下がってしまいます。

ポスティングで効果を出すための3つのコツ

ポスティングで効果が出ない場合の原因を解説しました。
それでは、原因をもとに、効果を最大限に出すための3つのコツを確認しましょう。

コツ①チラシのデザインを工夫する

はじめに紹介するコツは、人の目を引くデザインのチラシを制作するということです。

自宅で郵便受けを開けた時のことを思い出してみてください。
郵便物の量が多いと、チラシはパッと一目見ただけで処分してしまうことが多いのではないでしょうか。
つまり、チラシをよく見てもらうためには、目を向けられた一瞬で興味を引く必要があるというわけです。

ターゲットによって目を引きやすい配色や文体などは変わってきますが、基本的に以下の4つのポイントは意識してデザインを決定するようにしましょう。

目立つチラシデザインにするための4つのポイント

  1. 同業他社と雰囲気の異なるチラシを目指す
  2. 色を3色程度におさえる
  3. ターゲットに有益な情報を大きな文字で表示する
  4. 印象的な画像を使う

複数の色が使われて文字がぎっしりと並んだチラシ10枚の中に、キャッチコピーが大きく入った3色のチラシが1枚あれば、強く印象に残るはずです。

ほとんどのポスティング会社は、追加料金を払えばデザインの段階から外注することができます。
集客のコツを熟知したプロがデザインしたチラシを使えるというメリットがあるので、より確実に効果を出したい場合はデザインの依頼も検討しましょう。

コツ②配布作業や条件を業者にしっかりと相談する

配布を業者に依頼し、尚且つ曜日やエリアといった条件面を相談することは重要です。

ポスティングの経験が豊富な業者は、効率的な配布方法を熟知しています。
素早く配布するための工夫はもちろん、チラシの入れ方ひとつでクレームを軽減する方法にまでこだわっている業者は多くあります。

ポスティングは奥が深く、配布の曜日やエリアなどの条件ひとつでも効果が変わることもあるのです。
効果を出したいのであれば、業者に相談しましょう。

曜日でもポスティングの効果は変わる!?

実は、チラシを配布する曜日を変えるだけでも、集客率は変化するのです。
おすすめなのは金曜日か、あえて競合を避けたいのであれば水曜日です。

一般的にポスティングのチラシが最も多く配布されるのは、金曜日です。
これは一週間の仕事を終えた開放感とともにチラシを見てもらい、来店や認知を促そうとするという狙いがあります。

しかし、金曜日にはチラシが集中的に配布されるため、1枚1枚のチラシがターゲットの目にとまる確率は低くなりがちです。
あえて金曜日を避けた方が、読んでもらえる確率が上がり、集客率が高まる場合もあるのです。

金曜日以外の曜日であれば、週の真ん中である水曜日は特に配布されるチラシが少ない傾向があるため、狙い目です。

コツ③ポスティングを長期的に継続して行う

ポスティングを始めてみて思うように結果が出なかった場合、すぐにポスティングをやめて、他の広告宣伝方法を検討する方もいるでしょう。
しかし、それはもったいない選択です!

ポスティングによる集客率は、継続的にポスティングを行っていくことで改善できるからです。

まず、単純に目にとまる回数が増えるため、認知度が高まっていきます。
配布先の住民は、すぐには商品やサービスを必要としていなかったとしても、必要になった時に最初に思い出してもらえるようになるでしょう。

また、継続してポスティングを行うことで、過去の反響率を分析して改善策を考えることができるようになります。
配布する曜日や時間帯、チラシデザインなどを変化させながら調査を繰り返せば、狙ったターゲットに対し、より届きやすいポスティングの方法が明確になってくるはずです。

ポスティングで効果を得るには、業者に依頼し継続的に行うことが大切

いかがでしたか?
今回は、ポスティングによる集客率を改善し効果を上げるためのコツをご紹介しました。
ポスティングは決して難しい広告宣伝方法ではありませんが、それゆえに少しの工夫で効果は大きく変わるものです。

ぜひ本記事で紹介した3つのコツを参考に、ポスティングによる集客を検討してみましょう。

また、EMEAO!では、優良ポスティング会社を完全無料で紹介しています。
ノウハウを熟知したプロによる戦略的なポスティングを依頼できますので、評判の良いポスティング会社をお探しの方はぜひお問い合わせください!

ポスティングの関連記事
発注したいジャンルを選択する