2019.10.28

ポスティングチラシの紙はどれがいい?紙質による印象の違いとは?

1e2f495faa90f8d335ebf3ea02e62145 - ポスティングチラシの紙はどれがいい?紙質による印象の違いとは?

紙質によって、チラシの広告効果が左右されることを知っていますか?

紙の光沢の度合いや手触り、紙質による色の鮮やかさや文字の見やすさなどは、チラシを受け取るユーザーの印象に大きく関わります。
当然、チラシに込められたメッセージの伝わりやすさも変わってきます。
そのため、仕上がりイメージに合う印刷用紙を適切に選ぶ必要があります。

そこで今回は、ポスティングチラシに使用される紙ごとの印象や、紙質による特徴を紹介します。
理想のチラシを作りたい事業者の方は、ぜひ最後までお読みください。

光沢紙(コート紙)は賑やかな印象になる!

光沢紙とは、光沢(つや)のある紙で、手触りはツルツルしています。
紙の表面を特殊な薬剤でコーティングしてあり、インキがノリやすいため、低コストでも色が良いことが特徴です。

色の再現性に優れた紙質のため、写真を綺麗に見せたいチラシ、色を鮮やかに見せたいチラシ、折り込みチラシに向いています。

例えば、スーパーのチラシや、ドラッグストア、家電量販店のほか、出前メニューや飲食店、学習塾やキッズ向けの教材などです。

マット紙(マットコート紙)は落ち着いた印象になる!

マット紙とは、つや消しを施した紙で、手触りはさらさらしています。
光の反射が少ないため、印刷された文字が読みやすく、落ち着いた印象を読み手に与えることができるという特徴があります。
そのため、イラストが入ったチラシや、写真と文字が混在しているチラシの印刷に最適です。

また、マット紙はコシがある紙質のため、紙の厚み(斤量)が同程度の場合、手に取った際は光沢紙よりも厚みがあるように感じられます。

上記の理由により、高級感と落ち着きを読み手に印象付けたいチラシに向いた紙・紙質だといえます。
例えば、ヘアサロンやダイニングバー、旅行案内など、グレードの高い商品やサービスを提供する店舗の宣伝に有効です。

上質紙(普通紙)はナチュラルな印象になる!

上質紙とは表面に加工を施していない紙で、手触りはざらざらしています。
表面をコーティングしていないため、鉛筆での書き込みが可能だという特徴があります。
インキが沈みやすい分、発色は暗めで、ややくすんだ仕上がりです。

そのため、文字情報の多いチラシや、読み手が書き込むことを前提としたチラシに向いている紙・紙質だと言えます。

また、上質紙は繊維(パルプ)の自然な質感を活かした紙なので、ナチュラル志向の業種のチラシにも向いています。
例えば、有機栽培ダイニングやカフェ、アンティーク家具や雑貨などのインテリア関係の宣伝に効果的です。

光沢や発色でポスティングチラシの用紙を選ぼう!

今回は、ポスティングチラシの紙ごとの特徴や紙質による印象について紹介してきました。自社にとって広告宣伝効果を上げるために、どんな印刷用紙が必要か判断する材料となりましたでしょうか?

情報媒体である広告用紙を紙質を理解して選ぶことで、読み手の印象を大きく左右することができます。
商品やサービスのイメージにピッタリ合った紙質の紙を選び、ぜひ理想のチラシ作りをしてください!

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - ポスティングチラシの紙はどれがいい?紙質による印象の違いとは?

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する