2020.01.21

反響率を上げる!ポスティングにおけるエリア選定の3つのコツ

a46891d85e2040e4118d50e90cd48da8 - 反響率を上げる!ポスティングにおけるエリア選定の3つのコツ

この記事を書いた人

b2c758fe54333688881472ef8a89df3a 300x300 - 反響率を上げる!ポスティングにおけるエリア選定の3つのコツ

編集部員 M・S

編集部員のM・Sと申します。EMEAO!のコンテンツの取材、編集、ライティングを担当させていただいております。複雑な情報を分かりやすく整理し、忙しい皆様にとって読みやすい記事にまとめてご提供させていただきます!よろしくお願いします!

ポスティングで反響率を上げるには、ターゲットに的を絞って配布を行うことが欠かせません。
適切な配布を行うには、エリア選定が重要なポイントになります。
しかし、どうエリア選定すれば反響率が上がるのかがわからない事業者様も多いことでしょう。

そこで本記事では、ポスティングのエリア選定の際の3つのコツをご紹介します。
ポスティングの効果を上げたい事業者様は、ぜひご参考になさってください。

この記事でわかること
  • ポスティングのエリア選定のコツ

ポスティングのエリア選定では何を重視すればよい?

ポスティングのエリア選定で重要なのは、地域ごとの傾向・特性を掴むことです。
ここからは、より噛み砕いて3つのポイントに分けて解説していきます。

エリア選定のコツ①エリアの特性を把握する

まずご紹介するポスティングのエリア選定のコツは、エリア特性を把握することです。
たとえば学生が多く住む地域や富裕層が多い地域、ファミリー層が多い地域といったエリアごとの住民の特徴を把握しておくと、どのエリアが自社のポスティングが響くかといったことがある程度わかるでしょう。

音楽教室や学習塾のチラシであれば、近隣エリアの中でもさらにファミリー層が多い地域に配布すると反応率が上がります。

エリア選定のコツ②商圏範囲に着目する

次にご紹介するポスティングのエリア選定のコツは、商圏範囲に着目することです。
商圏範囲とは、該当エリアに住む人々がどこのお店に何を買いに行くかを、地理的に区切ったものです。

たとえば、住宅街にある小売店ならば、自転車や徒歩で移動できる範囲が商圏範囲となります。

商圏範囲は、扱う商品や業種、交通量や周辺の施設、競合の有無によっても変わるので注意が必要です。
商圏範囲に着目すれば、単純な距離によるエリア選定では見落としがちだったターゲット層の居住エリアが分かります。
そのエリアを配布先に含めることで、ポスティングの反応率が上がります。

エリア選定のコツ③統計的な数字に着目する

想定エリア内の世帯数や人口数、男女比や所得など、各行政ホームページなどで公開されている情報にも着目しましょう。

上記の統計情報を分析することで、具体的なターゲット像に合致したエリアかどうかがわかります。
コツ①とコツ②でご紹介した地域像に、コツ③による消費者像を重ね合わせることで、よりポスティングの反応率を上げるエリア選定を行うことが可能となります。

エリア内の住民の傾向や動向を考慮すれば、ポスティングの反応率は上がる!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、ポスティングのエリア選定で重要なポイントがご理解いただけたと思います。

エリア内の住民の傾向や動向を考慮することで、ポスティングの反応率はグッと上がります。

「そうは言っても、自社でそこまで調べられない」
そう思われた事業者様は、ぜひEMEAO!コンシェルジュにご相談ください!

貴社のお力になれるポスティング業者を複数ピックアップして、完全無料でご紹介いたします!

ポスティングの関連記事
発注したいジャンルを選択する