2019.11.01

JAPHICマークとは?Pマークとの違いを比較しながら解説

5b220bbc273c3ef526c90aebdf9dfc05 - JAPHICマークとは?Pマークとの違いを比較しながら解説

JAPHICマークという認証制度を知っていますか?

JAPHICマークは、個人情報保護認定制度としてスタートました。
JAPHICは平成18年2月10日から経済産業大臣から認定個人情報保護団体として認められ、大きな注目を集めています。

他にも個人情報保護に関わる様々な認証がある中、なぜJAPHICマークが今、新たな個人情報保護認定制度として話題となっているのでしょうか?
その理由は、JAPHICと、個人情報保護認証制度の大家であるPマークとの対比から見えてきます。

そこで今回は、JAPHICマークをPマークと比較しながらご紹介します。
プライバシーマークの取得を検討している事業者様は、ぜひ参考にしてください。

JAPHICマークとは?

JAPHICマークとは、企業の個人情報の取り扱いやそのセキュリティが適切に機能していることを、第三者機関であるJAPHICが監査し、認証した際に付与される印です。

JAPHICマークでは主に中小規模の事業者向けに第三者認定制度を提供しています。

そもそもPマーク(プライバシーマーク)とは?

Pマークとは、一般財団法人日本個人情報推進協会(JIPDEC)の発行しているマーク。
個人情報保護の観点から16,000社を超える企業が取得しています。

(参照:プライバシーマーク制度|一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

日本で最も有名なマークの一つです。

Pマークについての詳しい説明は、以下の記事をご覧ください。

JAPHICマークとPマークの違い

ここからは、JAPHICマークとPマークの違いについて解説します。

JAPHICマークとPマークの違い①.審査費用が異なる

Pマークの審査費用は以下のとおりです。

単位:円(税込み)

種別 新規取得時 更新時
事業規模
申請料 52,382 52,382 52,382 52,382 52,382 52,382
審査料 209,524 471,429 995,238 125,714 314,286 680,952
付与登録料 52,382 104,762 209,524 52,382 104,762 209,524
合計金額 314,288 628,573 1,257,144 230,478 471,430 942,858

小規模事業者であっても30万円以上、大規模事業者であれば取得に100万円以上の費用がかかります。

(参照:費用|申請手続き |プライバシーマーク制度|一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

対して、JAPHICマークの審査費用は以下のとおりです。

JAPHICマークの審査費用

単位:円(税込み)

種別 新規取得時 更新時
事業規模 従業員

5名まで

6~50名

まで

51名以上 従業員

5名まで

6~50名

まで

51名以上
申請料 52,500 52,500 52,500 10,500 10,500 10,500
審査料 52,500 105,000 157,500 31,500 73,500 115,500
対象事業者年会費 52,500 73,500 105,000 52,500 73,500 105,000
合計金額 157,500 231,000 315,000 94,500 157,500 231,000


(参照:審査・申請費用|JAPHIC

小規模事業者だと半額、大規模事業者であればPマークの約4分の1の費用で受けることができます。

JAPHICマークとPマークの違い②.取得にかかる期間が異なる

JAPHICマークとPマークでは、取得にかかる期間が異なります。
取得に最短でも5か月は かかるPマークに対して、JAPHICマークの取得期間は約3カ月。

(参照:JAPHICマーク制度について|JAPHIC

短期間で審査を受けられることから、担当者の負担も少なく、導入を検討する企業が増えています。

JAPHICマークとPマークの違い③.認知度が異なる

JAPHICマークとPマークでは、認知度が異なります

1万6,000社以上が認定を取得しているPマークに対して、JAPHICマークの取得企業数はまだ3桁。
知名度という点では老舗であるPマークにはまだまだ追いつけていません。

しかし、取得のしやすさから、今後PマークからJAPHICマークに乗り換える企業が増えることが見込まれています。

JAPHICマークとは、新たに個人情報保護業界に現れた認定制度

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことでJAPHICマークについてご理解いただけたと思います。

今まで、個人情報保護に関する認定制度といえばPマークが主流でした。
しかしPマークは費用や取得期間の長さなど、事業者様の負担が大きいことが悩みでした。

そのなかで現れたのがJAPHICマーク。
JAPHICマークであればPマークより安価かつ短期間で取得することができます。
まだ知名度ではPマークに劣るものの、経済産業大臣認定の個人情報保護団体になったことから、急速に興味を持つ企業が増えています。

「個人情報保護に力を入れたい! でもお金や時間はあまり割けない」といった事業者様はぜひJAPHICマークの取得を検討してみてください。

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - JAPHICマークとは?Pマークとの違いを比較しながら解説

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する