2019.11.01

ISO認証の更新審査にかかる費用と更新するメリットを紹介

c9d1e5ca4da66ec0bba9133962797d51 1 - ISO認証の更新審査にかかる費用と更新するメリットを紹介

この記事を書いた人

b2c758fe54333688881472ef8a89df3a 300x300 - ISO認証の更新審査にかかる費用と更新するメリットを紹介

編集部員 M・S

編集部員のM・Sと申します。EMEAO!のコンテンツの取材、編集、ライティングを担当させていただいております。複雑な情報を分かりやすく整理し、忙しい皆様にとって読みやすい記事にまとめてご提供させていただきます!よろしくお願いします!

「ISO認証を取得すれば安心」
と考えている企業様は要注意!
認証を維持するには更新が必要であり、更新する際も費用がかかります。

本記事では、ISO認証の更新審査にかかる費用と、費用をかけても更新をしたほうがいいメリットを紹介します!
これから取得予定の企業様も、取得したばかりという企業様もぜひご一読ください。

また、これからISO認証を取得する予定の事業者様は、こちらの新規でISO認証を取得する際の費用相場も合わせてご覧ください。

この記事でわかること
  • ISO認証の更新審査にかかる費用
  • ISO認証を更新することのメリット

ISO認証の更新審査にかかる費用

ISO認証の審査では、維持審査と更新審査の2種類を受けなければなりません。
更新審査にかかる費用は、取得時と同様に、企業規模によって変わります。

通常、維持審査の費用は、取得費用の3割程度、更新審査は6~7割程度といわれています。
たとえば、取得費用が100万円であったら、維持審査費用は30万円、更新審査は60万~70万円程度です。

取得から1、2年後に行われる維持審査費用<3年後に行われる更新審査費用<取得費用、といった具合に、順番に費用が高くなっていくと覚えておいてください。

ISO認証を更新することのメリット

ここからは、ISO認証を更新するメリットを2つ紹介します。

ISO認証を更新するメリット①より良いマネジメントシステムを構築できるようになる

取得時は適切に機能していたマネジメントシステムも、時間がたつにつれてほころびが見えてくることがありますよね。
社会情勢の変化によって新たに対応を考えざるを得なくなったりすることもあります。

社内のメンバーだけで積極的に動ければいいですが、日々の業務が忙しくて、マネジメントシステムの改善に関する業務が後回しになってしまっている会社も少なくないでしょう。
そのような会社でも更新審査を受けることで、メンバー全員で積極的に、より環境や時代に最適なマネジメントシステムに変化させていくことができます。

ISO認証を更新するメリット②自社のマネジメントシステムの優位性をホームページなどで示し続けられる

マネジメントシステムに力を入れていると自称したところで、あまり説得力がありませんよね。
ISO認証取得を標榜することが、多くの人の信頼を得るのに有効であることは、すでに認証を取得している企業様ならご存じのことでしょう。

しかし、更新をやめてしまうと、当然のことながらもう認証取得企業として名乗ることはできなくなります。
今まで名刺やポスター、ホームページ上などに掲示していた「ISO認証」のマークはすべてはく奪されてしまうのです。

「ISO認証のマークがホームページや資料などから消えているけど、何か問題があったのかな?」といった不安を抱いたり、疑ったりする人も出てくるでしょう。
認証の更新をしておけば、そのように信頼を損なってしまうリスクをなくすことができます。

ISO認証を更新することで、マネジメントシステムを良好に保ち、自社の信頼性を維持できます!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことでISO認証の更新審査にかかる費用と、更新するメリットがご理解いただけたと思います。

ISO認証は、更新審査を受けてマネジメントシステムのバージョンアップを図れるのが利点です。
更新をしなければ費用や手間はかかりませんが、ISO認証取得企業と名乗れなくなることで、顧客からの信頼を失い、大幅な売上ダウンにつながってしまうこともあります。
そんな事態を避けることができるのが、認証を更新するメリットです。

自社にとって不利益な事態を発生させないためにも、認証を更新するかどうかは、費用だけではなく、費用対効果を踏まえて考えるようにしましょう。

EMEAO!では、ISO認証の取得から更新までサポートしてくれるコンサルティング会社をご紹介いたします!
第三者機関の審査を通過した優良な企業を紹介するので、安心してお問い合わせください。

Pマーク・ISO取得の関連記事
発注したいジャンルを選択する