2019.11.01

ISO45001とは?目的から規格の詳細まで簡単に解説

e78fcebe1c06b09e56bee08b2aab4a42 - ISO45001とは?目的から規格の詳細まで簡単に解説

働き方改革が叫ばれている昨今、労災事故の防止や長時間労働の是正などは、企業にとって対策必須の問題。
従業員に安全で健康的な職場を提供できるよう、苦心してらっしゃる事業主様も多いのでは?

しかしまた、自社だけで全ての労働問題に対処するのは大変だと、多くの企業が感じています。

そこで取り入れたいのが「ISO45001」。

ISO45001は労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格であり、同システムを導入することで、労働災害のリスクを低減し、働き方改革の推進もできます。

当記事では、そんなISO45001について目的から規格まで詳しくご紹介します。
働き方改革に取り組む事業者様やISO45001の取得を検討中の事業者様は、ぜひ参考にしてください。

そもそもISOとは?ISO45001とは?

ISO45001の説明の前に、ISOについて簡単に説明しましょう。

ISOとは、スイスのジュネーブに本部を置く非政府機関 (International Organization for Standardization/国際標準化機構)の略称です。
ISOの主な活動は国際的に通用する規格を制定することであり、ISOが制定した規格をISO規格といいます。
参照:日本品質保証機構

言い換えると、同じ認識をもつための世界共通の仕組みやルールがISO規格です。

ISOには、分野や産業ごとに様々な規格があります。

ISO45001はISO規格の1つで、「労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格」です。
労働安全衛生に関する初の国際規格で、2018年3月12日に発行されました。

ISO45001の規格に従うことで、労災を防ぎ、労働者側・企業側の双方にとって良い関係を築けるよう組織全体で取り組み、組織を向上させていくためのシステムを構築することができます。

現在、「OHSAS18001」という労働安全衛生に関する別の規格もありますが、2021年3月でその効力を失効しISO45001に置き換わることになりました。

OHSAS18001とISO45001の違いについては、以下の記事をご覧ください。

ISO45001規格の要求事項とは?

ISO45001の認証を受けるためにはどのようなことが求められるのか、その要求事項を簡単にまとめました。

ISO45001規格の要求事項

  1. トップ主導の取り組み
  2. 働く人
  3. PDCAサイクルの循環

参照:安全衛生優良企業マーク推進機構

以上の3点が、ISO45001の認証を受ける際に重要な要素となります。
ここからは、それぞれを詳しく見ていきましょう。

トップ主導の取り組み

労働安全マネジメントシステムは全社が一丸となって取り組まなければなりませんが、まずは企業の経営者などが方針を打ち出し、社内全体に周知させる必要があります。
その他マネジメントにおける責任や各種支援など、トップ主導で実施することが求められます。

全ての”働く人”への配慮

ここでいう“働く人”とは単なる労働者ではなく、より広範囲な関係者のことです。

ISO45001では企業の請負人や派遣労働者、ボランティア等までを含めた、組織の事業活動に関わる人全てを働く人として捉え、そのすべての人の安全や健康のマネジメントも求められます。

PDCAサイクルの循環

労働安全衛生マネジメントシステムの根底は、PDCAにあります。
なぜなら、ISO規格に従いPDCAサイクルを循環させていくことで、継続的により良いシステムへ改善していくことが可能となるからです。

PDCAサイクルとは?

PDCAサイクルとは、上記の4段階を繰り返して、継続的な改善を目指すサイクルのことです。

・Plan(計画) 働く人のニーズから、システムをどの程度適用するか範囲を決定し、組織の安全方針などに沿った目標を打ち出す。
・Do (実行) 計画通りに進める。
・Check (確認) 活動の監視や測定をし、結果を報告する。
・Act (見直し) 結果をより目標へ近づけるため、継続的に改善をする。

ISO45001を認証取得するメリット

ここでは、ISO45001を認証取得すると、企業側にどんなメリットがあるのかを紹介します。

まず、ISO45001に沿った労働安全衛生マネジメントシステムを構築することにより、無駄を省き、業務を効率化することができます。
その結果として、組織の活性化や、様々なコスト削減というメリットを期待することができます。

また、ISO認証を取得することは、国際的な権威から、企業の労働安全衛生への取り組みに対する信認を得ることともいえます。
そのため、ISO認証取得が信頼に繋がり、取引がしやすくなるという傾向があり、これも大きなメリットといえるでしょう。

さらに、ISO45001認証を取得することで、働き方改革に対応した職場環境づくりをしていると労働者にアピールすることができます。

ISO45001はリスク管理とパフォーマンス改善のための、労働安全衛生マネジメントシステム!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことでISO45001がご理解いただけたと思います。

ISO45001はリスク管理とパフォーマンス改善のための、労働安全衛生マネジメントシステムです。

企業はISO45001認証取得に取り組むことで、リスク管理や業務の効率化を図ることができ、労働安全衛生に関する企業評価向上につなげることができます。
認証取得にご興味のある事業者様は、この機会に検討をされてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - ISO45001とは?目的から規格の詳細まで簡単に解説

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する