2020.04.02

ACTiの防犯カメラ「KCM5611」はどんな機種?特徴を紹介

2 - ACTiの防犯カメラ「KCM5611」はどんな機種?特徴を紹介

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - ACTiの防犯カメラ「KCM5611」はどんな機種?特徴を紹介

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集・執筆とお客様へのインタビューを担当させていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

防犯カメラの設置を検討している事業者様や建物の管理者様の中には、防犯対策をしたい、入居者や患者を見守りたいなど、いろいろな目的があるでしょう。
しかし、その目的にピッタリな機種を見つけることは難しいですよね。

そこで今回は、ACTiの防犯カメラ「KCM5611」の特徴や機能を紹介し、どのような場所への設置におすすめの機種なのかを紹介していきます。
防犯カメラの機種選びでお困りの事業者様はご一読ください!

ACTiの防犯カメラ「KCM5611」はどんな特徴のある機種?

引用:ACTi HP

「KCM5611」は2020年3月現在、ACTiが販売している屋外用ボックス型防犯カメラです。
この機種には以下の3つの特徴があります。

特徴①音声双方向機能つき

ACTiの防犯カメラ「KCM5611」には音声双方向機能が搭載されています。
マイクやスピーカーを接続すると、録画映像を確認しながらカメラ付近にいる人物と会話をすることが可能です。
そのため、介護施設や病院などで見守りカメラとして活用できます。

特徴②デジタルPTZ(パン・チルト・ズーム)機能

ACTiの防犯カメラ「KCM5611」には、左右上下にカメラを動かしズームを行うことのできるデジタルPTZ(パン・チルト・ズーム)機能が搭載されています。
モニターで映像を確認しながら、録画する範囲を移動させたり拡大したりすることが可能です。

特徴③映像を高画質のまま圧縮できる

ACTiの防犯カメラ「KCM5611」は、最新の技術で映像を高画質のまま圧縮できます。
データ容量を削減できるので、長時間の録画が可能です。

画像を一度圧縮してからデータを保存します

ACTiの防犯カメラ「KCM5611」はどんな機能がついている機種?

ここでは、ACTiの防犯カメラ「KCM5611」の機能をまとめました。

「KCM5611」の機能まとめ

  • 防水・防塵機能
  • パノラマ撮影機能
  • デイナイト機能
  • 赤外線カットフィルター機能
  • ノイズカット機能
  • 高性能ワイドダイナミックレンジ機能
  • 音声双方向機能

など……

ACTiの防犯カメラ「KCM5611」はどんな設置場所に向いている機種?

ここまでご紹介してきたような特徴があるため、ACTiの防犯カメラ「KCM5611」は以下のような場所に適している機種といえます。

「KCM5611」はこんな場所におすすめ

  • 患者や入居者の見守り用の防犯カメラを探している
  • 防犯カメラ1台で広い範囲の状況を確認できるようにしたい
  • 映像データをこまめに削除せずに長期間保存したい

ACTiの防犯カメラ「KCM5611」は音声双方向機能とPTZ機能がついた見守りカメラに適した機種

今回は、ACTiの防犯カメラ「KCM5611」の機能ついて解説しました。

ACTiの防犯カメラ「KCM5611」には、音声双方向機能とデジタルPTZ機能がついているので、入居者や患者の様子を確認する必要がある介護施設や病院におすすめの機種です。
また、映像を高画質のまま圧縮することができるので、施設内でのトラブルの有無を証明するために録画データを長期間保存しておくこともできます。

「さっそくACTiの防犯カメラ『KCM5611』を設置したい!」
と思われた事業者様は、ぜひEMEAO!にお問い合わせください。
優良な防犯カメラ業者を、コンシェルジュが最短即日で紹介いたします。
完全無料のサービスなので、お気軽にご相談ください。

防犯カメラの関連記事
発注したいジャンルを選択する