2019.11.12

ホームページの翻訳を依頼する際の5つのポイント

effb410c3dfe4a920d0cfd4b8d3d4336 - ホームページの翻訳を依頼する際の5つのポイント

オリンピックや万博など、世界的にも大きなイベント開催を目前に控えている現在、各国の日本への注目度は急上昇をしています。
また、近年では海外進出を視野に入れた企業も増えています。
こういった背景から、世界各国の人々に向けたサービスの提供や集客ができるように、多言語に対応するホームページ作りが求められるようになりました。

とはいえ、既存のホームページの文章をただ翻訳するだけでは、伝えたいことが伝わらないホームページになってしまう可能性もあります。

そこで今回は、ホームページ翻訳を業者に依頼する際に注意すべき6つのポイントについて、説明していきます。
ホームページ翻訳の依頼を検討中の事業者様は、ぜひ最後までお読みください。

ホームページの翻訳を依頼する際に確認すべき5つのポイント

ここからは、ホームページの翻訳を依頼する際に注意すべき6つのポイントを紹介します。

ポイント①翻訳先の言語でも見やすいレイアウトに調整してもらえるか?

既存のホームページのほとんどが、言語も含めて国内のユーザーに向けたホームページデザインとなっています。
そのため、他の言語に翻訳すると、文字数やフォント、フォントサイズの違いから、狙ったデザインとはかけ離れたホームページになってしまうことがあります。

たとえば、日本語から英語に訳すと文字数が大幅に増え、ホームページのレイアウトが大きく崩れてしまうことも……。

ホームページの翻訳を依頼する前に、訳出後に見辛いレイアウトにならないよう、言語に合わせたホームページのデザイン作成まで対応可能かどうかを確認しておくと良いでしょう。

ポイント②翻訳したいホームページと同じ分野の翻訳経験が豊富か?

自社が専門性の高いホームページを運営している場合は、その分野に関する知識や翻訳経験を持つ業者を選ぶ必要があります。

たとえば医療や科学分野のホームページは、それぞれの分野特有の言い回しや専門用語が多いため、適切な訳を当てはめるには当該分野の専門知識や翻訳経験が欠かせません。

自社のサービスを国内外問わずより多くの人に正確な情報を発信するためには、自社の業種のホームページ翻訳経験や専門知識があるかどうかを、依頼する際に業者に確認しましょう。

ポイント③翻訳先の言語や国にあったSEO設計をしてくれるか?

他言語に対応したホームページにする場合、翻訳先の言語で検索して上位に表示されるかどうかも重要なポイントの一つです。

多くの国ではGoogleが支持されていますが、国によっては、独自の検索エンジンが使われていることもあります。
その場合、Google向けのSEO対策だけではあまり効果がないこともありますので、その国ごとのSEO設計が必要となってきます。

また、SEO設計も含むとなると、文法的に正確であることはもちろん、当該分野に合った一般的な単語や表現の選択ができる業者かどうかも重要なポイントとなります。

ホームページ翻訳を依頼する際は、SEOについての施策も行っているのかを業者に確認するとよいでしょう。

ポイント④作業工程が明確にされているか?

通常、業者に依頼すると、見積り⇒発注⇒翻訳⇒校正⇒納品という流れで作業が行われます。

ところが、業者のなかには校正を行わない業者もあります。
これは通常の翻訳のみに限定されることでなく、ホームページ翻訳でも同様です。

後からトラブルにならないよう、依頼をする際にはあらかじめ業者に作業工程を確認しておくと良いでしょう。

ポイント⑤サポート体制は充実しているか?

校正をしてもらっても、間違いがあったり、間違いではないが表現を変えてほしいというような要望がでてくることもあるかもしれません。
また、その国の言語や文化の理解が低いままだと、万が一トラブルが発生しても、何が問題なのかわからないという事態にもなりかねません。

一番良いのは、現地の言葉がわかるスタッフが社内にいることですが、それがままならない場合は、翻訳会社にサポートしてもらえると安心です。
依頼をする際は、アフターフォローしてもらえるかどうかも、確認しておきましょう。

ホームページ翻訳を依頼する際は、翻訳先言語でのレイアウトやSEO施策を重視しよう!

以上、ホームページを翻訳するときに気をつけたい5つのポイントをご紹介いたしました。
依頼する際どういう点に着目すれば良いか、参考になりましたでしょうか?

世界中、どの国の人が見てもわかりやすいホームページとなるよう、本記事で紹介したポイントを確認しながらホームページの翻訳を依頼する会社を選びましょう。

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - ホームページの翻訳を依頼する際の5つのポイント

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00
関連記事
発注したいジャンルを選択する