2019.10.08

アプリ開発におけるクロスプラットフォームとは

ca9b753db110ecada95d6332fa44e683 - アプリ開発におけるクロスプラットフォームとは

アプリ開発におけるクロスプラットフォームとは、1つのアプリを異なるOSや機種間でも動作させるよう開発する手法です。
別名、マルチプラットフォームとも呼びます。

一般的に、端末にインストールするタイプのアプリはiOSやAndroid OSなど異なる機種ごとに対応したアプリを作る必要があります。
しかし、クロスプラットフォーム開発をすることで両方の機種で動作可能なアプリを一つ作るだけでよいということになります。

クロスプラットフォームにて開発されたアプリを「ハイブリッドアプリ」といいます。

この記事を書いた人

hamagishi 300x300 - アプリ開発におけるクロスプラットフォームとは

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸こと「はま~」と申します。EMEAO!のWebコンテンツの記事を作成させていただきます。 身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました。 豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する