2019.08.13

ビジネスホンの再リースとは?再リースの料金相場とメリット・注意点

41b60e141ad6242d730f760000a97c9b 2 - ビジネスホンの再リースとは?再リースの料金相場とメリット・注意点

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - ビジネスホンの再リースとは?再リースの料金相場とメリット・注意点

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集とインタビュワーをさせていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

全額を経費で計上でき、初期導入費用も大幅に抑えることができるビジネスホンのリースは事業者の強い味方。
ただビジネスホンをリース契約で導入した後、気になるのは契約が満了した際の対応です。

リース契約で利用しているビジネスホンの所有権はあくまでリース会社に帰属しているので期間満了時は借りていたビジネスホン端末を返却しなければなりません。
そこで検討しなければならないのが、再リースを行い利用を継続するかです。

今回は、リース契約の期間満了時に考えなければならない再リースについて徹底解説します。
そもそも再リースとは何かというところから、再リースする場合のリース料金の相場、再リース以外ににどのような選択肢があるのかまで、再リースするかを意思決定するために必要な情報をまとめましたので、現在ビジネスホンをリースしている事業者様はぜひ最後までご覧ください。

再リース前に、ビジネスホンリースの契約が何かわからないという方はこちらの解説を先にご確認ください。

この記事でわかること
  • ビジネスホンの再リースとは
  • 再リースする場合の月額リース料金の相場
  • 再リースする際に気を付けておきたいこと
  • 再リースしない場合の選択肢は何があるのか
  • どんな場合に再リースを選択すればいいのか

そもそも再リースとは

再リースとは初回リース契約が満了した際に、同じ機器を継続して利用する契約を結ぶことです。

ビジネスホンを再リースするメリットとデメリットは以下の通りです。

再リースのメリットとデメリット一覧
メリット
・主装置を変更する手間がない
・使い慣れたものを使い続けられる
・再リースすると料金が10分の1ほどに下がる
デメリット
・メーカー保証がなくなる場合がある
・最新機能を取り入れることができない
・増設が難しいケースがある

ビジネスホンを再リースするメリット

再リースの契約を結ぶことによって、本来であれば期間満了で返却しなければならないビジネスホンを、そのまま使い続けることが出来るようになります。
そのため、ビジネスホン本体はもちろん主装置を変更する手間もかかりません。
使い慣れたビジネスホンを使い続けられるため、新しい端末に慣れる手間をかけずに済む点も魅力的です。

また、初回のリース期間と比較して、大幅にリース料金を抑えることができるという点も大きなメリットといえます。

ビジネスホンを再リースする際にかかる月額リース料金の相場

リース会社にもよりますが、再リースする際にかかる月額リース料金の相場は、新規リース料金の相場の1/8~1/10程度になるとされています。
それまで月額10,000円でリースしていた場合、月額1,000円ほどで再リースすることができるということです。

なぜこれほどリース料金が低くなるのかというと、初回のリース契約でビジネスホンの耐用年数を経過している、リース会社に十分な利益が発生しているという背景があります。

ビジネスホンを再リースするデメリット

一方で再リース契約をして古い端末を使い続けた場合、メーカーが指定している耐用年数を経過してしまっているためにメーカー保証がない、市場にあるビジネスホンの最新機能を使うことができないといったデメリットが発生します。

また主装置が古いタイプの場合は同時に接続可能数が少なく、事業拡大に伴って従業員数が増えた場合にスムーズに対応できない恐れもあります。

再リースする際に気を付けておきたいこと

使い慣れた機器を工事の必要もなく格安で使用できる再リースですが、気を付けておきたい注意点もいくつかあります。
以下に再リースの際の注意点をまとめました。

注意点① 保証の期限が切れている場合がある

一般的に新品の商品を購入した場合、1年間のメーカー保証があります。
さらにリース期間中は動産総合保険という提供会社からの保証もあるため、故障などのトラブルに費用は発生しません。

しかし、再リース契約となると、メーカーからの保証期限はすでに切れており、動産総合保険も適用されない場合があるため、故障の際の費用は自己負担となるケースがあります。

使用する機器の状態にも気を付けて再リースするかを考えましょう。

注意点② 電話機の増設が難しいケース

新しく電話機を増設する場合は、電話機を主装置へと接続する必要があります。
主装置の接続数に余裕があるのならよいですが、基本的に古いタイプの主装置は接続数が少ないものが多く、増設が難しいことがあります。

再リースの際は主装置のみを交換することはできないので、あらかじめ主装置の残りの接続数を把握しておきましょう。

注意点③ 再リースの途中解約について

再リースは普通のリース契約と違って途中解約ができます。

ただしリース料金は一括で前払いすることが多いため、途中解約した場合使用していない期間分の返金はできないことがほとんどです。
再リース期間中の途中解約はなるべくしない方がよいといえます。

ビジネスホンを再リースしない場合の選択肢とは

再リースのメリット・デメリットや注意点を踏まえたうえで、再リースしないと決めた場合は2つの選択肢があります。
下記に2つの選択肢をまとめたので、それぞれ解説いたします。

再リース以外の選択肢

  • これまで使っていた機器の買取を行う
  • 別のビジネスホンの新規リース契約を行う

利用しているビジネスホン機器を買い取る

この対応はリース代理店にお願いしてこれまで利用していた機器をそのまま買い取らせてもらうことです。
おおよそ月間の再リース手数料の3~6倍程度で買い取りすることができ、使いなれた機器を永続的に保有することが出来るようになります。

購入となるのでワンタイムで支払う費用は大きくなりますが、その分買い取って以後の取り回しは自由ですし(転売や譲渡も可能)、機器に不満がない場合は再リースよりトータルで安くなる計算ですので思い切って買い取ってしまうのも有力な選択肢です。

ただしこの対応は不可の場合もあるので、リース代理店にひとまず相談し、可能な場合のみその他選択肢と比較するようにしましょう。

別のビジネスホンの新規リース契約を行う

新規リースのメリットは、最新のビジネスホン機種を使うことができる点に集約されます。
これまでなかった便利な新機能を業務に取り入れることができるようになるので業務効率化が期待できます。
また、新たにメーカー保証がつくため、万が一のトラブルの場合に対応しやすくもなります。
さらに最新機種に変えるタイミングで主装置を見直し、将来のビジネスホン増設に対応できる環境を整えることも可能です。

一方で、新規リースの場合は料金がこれまでよりも安くならないことがほとんどで、同程度の金額を払い続けなければなりません。

新規リースを始める場合は、使い慣れたビジネスホンを手放さなければいけません。
端末が変わるため、新しい操作を覚える手間が発生することも理解しておかなければなりません。
そして、増設を見越して主装置や電話回線を変更する場合、手間や費用がその分追加でかかってしまいます。

リース満了のタイミングでしっかり状況を見直し、最適な契約を選びなおすという意識が重要

再リースと新規リースにはそれぞれメリットとデメリットがあり、どちらが優れていると一概にいうことはできません。
もし追加機能等を特に必要とせずコストを重視するのであれば、ビジネスホンの再リースは有力な選択肢といえます。

ただし、当然ですが再リースをすると再度契約期間が年単位で縛られ、その間は途中解約することができません。
ビジネスホンの初回リース契約からは短くて3年、長くて7年程度が経過しているはずなので、その間の業務内容の実態やこの後もどの程度ビジネスホンを使うのか、増設をする見込みや予定はあるのか、新機能は必要なのか等を複合的に考えて判断していきましょう。

何よりも重要なのは、リース期間満了のタイミングはコストカットや業務効率化を出来るタイミングでもあります。
事業者様は、この機会にしっかりと既存の機器、契約の見直しをかけて最適な契約を選び直すという意識を持ちましょう!

EMEAO!では数多くの優良なビジネスホン業者を無料でご紹介させていただいております。
「自社においてどのように判断すればいいかわからない」
「最新のビジネスホンの機能を知ってから再リースするか判断したい」
などのご要望がございましたら是非お気軽にお問い合わせください。
ビジネスホンに詳しいコンシェルジュが誠心誠意アドバイス、サポートさせていただきます。

ビジネスホンの関連記事
発注したいジャンルを選択する