2019.10.31

複合機を選ぶ際に考慮すべき印刷速度とは?これが違うと何が違う?

b257ad60da6d99dab23c2763ec1ea88a - 複合機を選ぶ際に考慮すべき印刷速度とは?これが違うと何が違う?

オフィスに導入する複合機の機種を選定する際には、何を考慮すべきでしょうか?
どんな便利機能が搭載されているか、導入費用とランニングコストはいくらかかるか、という点を重視する事業者様やご担当者様が多いはず。

もちろん機能や費用も大切なポイントですが、実は“印刷速度”こそ最も慎重にチェックするべき重要項目です!

今回のコラムでは複合機を選ぶ際には必ず知っておいていただきたい、印刷速度について解説いたします。
これから導入する機種選びでお悩みの事業者様やご担当者様は、ぜひご一読ください。

複合機における“印刷速度”とは?

一口に複合機の印刷速度といっても、速度をはかる指標は3つあります。
ここからは、3つの印刷速度の指標についてそれぞれ詳しくご紹介します。

指標①連続複写速度

まずご紹介するのは、各複合機の速度スペックを表す一番メジャーな指標である連続複写速度です。

連続複写速度とは、1分あたり何枚印刷できるかをあらわす指標です。
そのため、別名コピースピードとも呼ばれます。
当然のことながら、1分あたりの印刷枚数が多ければ多いほど、印刷速度が速い複合機であるといえます。

たとえば、印刷速度が速い複合機の場合1分あたり80~100枚ほど、印刷速度が遅い複合機の場合では1分あたり20枚~30枚ほど印刷ができます。

「顧客向けの提案資料作りが多いので、複合機の使用頻度が高い」
「年度末など、一度に大量の資料を印刷する時期がある」
といった場合は、連続複写速度が速い複合機を選択するようにしましょう。

ただし、連続複写速度が速い複合機は、購入費用やリース料金、レンタル料金などが高い傾向にあります。

指標②ウォームアップタイム

次にご紹介するのは、ウォームアップタイムという指標です。
ウォームアップタイムとはその名の通り、電源OFFの状態から電源を入れて、複合機が印刷できる状態になるまでにかかる時間のこと。
スリープ状態にある複合機が、起動して印刷ができる状態になるまでにかかる時間のことも、ウォームアップタイムといいます。

ウォームアップタイムが短い複合機は10秒程度、遅い複合機は20秒~35程度と速度に幅があります。
わずかな差に思えるかもしれませんが、積み重ねると大きな時間の無駄になりますので、早い方がいいでしょう。

複合機によっては高速起動モードといったモードが搭載されていたり、起動を早める低電力モードといった機能が搭載されていることもあります。
機種を選ぶ際には、ぜひウォームアップタイムを短縮できる機能が付いていないか、確認してみてください。

指標③ファーストコピータイム

最後にご紹介するファーストコピータイムという指標は、複合機の電源が入った状態で印刷ボタンを押し、1枚目が出力されるまでの時間を表します。

ファーストコピータイムが速い複合機は4~5秒程度、ファーストコピータイムが遅い複合機は15秒近くかかります。

「1回1回の印刷枚数は少ないが、印刷頻度は多い」
「従業員数が多く、入れ代わり立ち代わり複合機を使用している」
といった場合には、ファーストコピータイムの早い複合機を選ぶといいでしょう。

ニーズに応じて、印刷速度の3つの指標をチェックしよう!

いかがでしたでしょうか。
印刷速度には3つの指標があるということがお分かりいただけたのではないかと思います。

印刷速度の違いは、どの指標においてもたいした差ではないと思うかもしれませんが、確実に業務効率に影響しています!
複合機の使用頻度や従業員数が多い場合は、3つの指標それぞれの印刷速度が速い複合機を選ぶようにしましょう!

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - 複合機を選ぶ際に考慮すべき印刷速度とは?これが違うと何が違う?

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する