2019.11.01

国内で候補に挙がる大手複合機メーカーの一覧とわかりやすい解説

b5da622c9271a30a74a7656127ff2ddb 1 - 国内で候補に挙がる大手複合機メーカーの一覧とわかりやすい解説

複合機を選ぶ際、とりあえず大手メーカーを選んでおけばいいと考えている方は多いと思います。

確かに大手メーカーの複合機は、優れた性能をもつ多種多様な機器を提供しています。
メーカーごとに異なった特色があるため、各社の方向性を掴んでおくことが自社に合った、複合機選びのコツになるでしょう。

しかし、一概に大手複合機メーカーといっても方向性が分からなくては選びようがありません。

そこで本記事では、大手複合機メーカーの違いと特徴を一覧にして解説します。
これから複合機を導入する事業者様は、ぜひこの記事を参考に自社にピッタリな複合機メーカーを選択してください。

複合機メーカーの比較表

複合機メーカーは数多くありますが、その中でも今回は大手複合機メーカー5社を紹介します。
以下が国内の大手複合機メーカー5社の比較表です。

キヤノン シャープ リコー 京セラ 富士ゼロックス
操作性
価格
丈夫さ
節電性能
保守・サポート
印刷のキレイさ
機能の多様さ
立ち上がりの早さ
コストパフォーマンス

各メーカーの特長を紹介します!

ここからはそれぞれのメーカーの特長について紹介していきます。

キヤノン

『キヤノン』は国内最大手の電気機器メーカーの一つ。
キヤノンの複合機の魅力はなんといっても「印刷のきれいさ」が挙げられます。

キヤノンは国内で初めてカラー印刷できる複合機を発売した会社であり、「カラー印刷ならキヤノン」と称されているほど不動の地位を築き上げてきたメーカーです。
色の再現力や印刷のきれいさには一目置かれている複合機メーカーです。

操作性もよく、とりわけ印刷スピードの速さにも定評があります。
また、印刷待機時間のストレスを最小限に抑えるべく、人感センサーを搭載するといった工夫もされています。

こんな方におすすめ!

  • デザイン関係やクリエイティブな仕事が多い
  • 美しい発色のプレゼン資料を作成したい
  • 印刷スピードにこだわりたい

シャープ

『シャープ』は電子通信機器や電子部品の製造・販売を行っているメーカーです。

シャープの複合機の魅力は、なんといっても価格の安さです。
本体価格が安いだけではなく、カウンター保守料金もリーズナブルなため経費節約に役立ちます。

また、シャープは安いだけでなく不具合の少なさや、ユーザビリティにも定評があります。

こんな方におすすめ!

  • 料金の安さを重視する
  • 故障の少なさを重視する
  • コストパフォーマンスを重視する

リコー

『リコー』は、光学機器や事務機器などの製造を手掛けています。
レーザープリンターやファクスなどの、事務機器の国内シェアがトップクラスの人気メーカーです。

そんなリコーの魅力は、ユーザビリティ(操作性)の高さです。

紙詰まりなどの不具合が起きた時に表示される、「修理手順のガイダンス」が大変分かりやすいことも特長の1つです。
また、トラブルに関する情報やトナー管理に関するレポート機能が備わっており、快適に使えるような配慮が随所に施されています。

こんな方におすすめ!

  • 使いやすさを重視する
  • 料金の安さを重視する
  • 紙詰まりが少ない複合機を選びたい

京セラ

京セラは、携帯電話や情報機器、電子機器等の製造を行っている大手メーカーです。

そんな京セラが製造している複合機の、最大の魅力はランニングコストのよさです。
他社と比較してもカウンター料金の安さが突出しており、業務で印刷をする機会が多い方にはおすすめのメーカーです。
中長期的には、京セラの複合機を使うことで大きな経費節約につながっていくでしょう。

コストの安さだけではなく操作性(ユーザビリティ)、不具合の少なさ、立ち上がりの早さなどにも定評があります。
ただしメーカーの特長として、印刷品質は他社と比べて劣る面もあります。

印刷品質は突出していないものの、総合的にみると満足度の高い複合機メーカーといえるでしょう。

こんな方におすすめ!

  • とにかく安さを重視す
  • 操作性や不具合の少なさも重視する
  • 印刷スピード重視する

富士ゼロックス

富士ゼロックスは、アメリカにあるゼロックス社と富士フィルムが合弁した複合機メーカーです。

富士ゼロックスの最大の魅力は、印刷品質です。
発色の美しさや再現性の高さから、美しいカラー印刷を実現します。

また複合機本体の耐久性が高いために、不具合が起きづらい点でも高評価を得ています。
そのほかサポート体制にも定評があり、不具合が起きる前の定期メンテナンスにも力を入れているメーカーです。

富士ゼロックスの複合機は、総じてパフォーマンスやサポートレベルが最高レベルなため、価格は安くはありません。

こんな方におすすめ!

  • 総合的に最高レベルの複合機がほしい
  • サポートの手厚さを求める
  • デザイン関係やクリエイティブな仕事など「印刷のきれいさ」にこだわりがある

自社のニーズを満たす複合機メーカーを知っておこう!

いかがでしたでしょうか。
本記事を読んでいただくことで、大手複合機メーカーの特長がご理解いただけたかと思います。

大手の複合機メーカーといっても、各社にはそれぞれ特長や傾向があり、機能面や価格に差あります。

自社が何を重視するかによって、どのメーカーを選ぶかが決まってくるでしょう。
各メーカーの特長を知って、業務にぜひ役立ててください。

複合機の購入・リース契約を検討している事業者様は、ぜひこの記事を参考に自社に最適な複合機メーカーを選んでください。

この記事を書いた人

hamagishi 300x300 - 国内で候補に挙がる大手複合機メーカーの一覧とわかりやすい解説

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸こと「はま~」と申します。EMEAO!のWebコンテンツの記事を作成させていただきます。 身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました。 豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する