2019.11.01

複合機のメンテナンスの頻度は?保守をしないと起こるトラブルも紹介

c74590f49d3de9c16636c949d34cc3f3 - 複合機のメンテナンスの頻度は?保守をしないと起こるトラブルも紹介

この記事を書いた人

IMG 4482 300x300 - 複合機のメンテナンスの頻度は?保守をしないと起こるトラブルも紹介

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸と申します。コンテンツ作成と取材を主に担当しております。身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました!豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

複合機は精密機械なので、壊れていなくても定期的なメンテナンスを行わないと、大きな故障につながりかねないので注意が必要です。

そこで今回の記事では、複合機のメンテナンス頻度と保守をしないと起こるトラブルも紹介していきます。
この記事を読めば、定期メンテナンスの頻度とメンテナンスの必要性について、ご理解いただけるかと思います。

これから複合機を導入するつもりで、定期メンテナンスの契約は必要なのかと疑問に思っている事業者様は、ぜひ最後までご覧ください!

この記事でわかること
  • メンテナンスの頻度
  • メンテナンスの必要性

複合機のメンテナンスの適正な頻度とは

まず、機器が故障していない時の、メンテナンスの必要性についてお答えします。

結論から申し上げますと、『故障の有無にかかわらず、1~3カ月に1回の頻度で定期メンテナンスを行う』ことが大切です。

なぜならば、複合機は非常に繊細で壊れやすい精密機械だからです。
メンテナンスを怠ったことで、知らず知らずのうちに重大な故障に発展してしまう可能性があります。

複合機を購入する際には、専門業者が1~3カ月程度の頻度で定期メンテナンスしてくれるかを、確認しましょう。
メンテナンス体制がしっかりしていて、困ったときに頼りになる専門業者と契約するのがオススメです!

定期メンテナンスを怠ることで発生しうる複合機のトラブル事例

複合機は精密機械のため、定期メンテナンスを怠ること不具合が起きやすくなることがご理解いただけたかと思います。
複合機を長く使うためにも、定期メンテナンスは欠かせないものです。

定期メンテナンスを怠ることで、発生しやすい複合機のトラブル事例を、以下のにまとめました。

定期メンテナンスを怠ったがゆえに起こる複合機のトラブル事例5選

  • 紙詰まりが頻発するようになる
  • 部品が劣化する
  • 用紙に汚れが付着するようになる
  • 印刷物に細い筋状の汚れが付着するようになる
  • 感光ドラムや印刷ヘッドにダメージが蓄積する

上記のトラブルの大部分は、普段通りに使い続ける中で起こるものばかりです。
従業員の意識で防止できるものではない、トラブルばかりだといえます。

そのため、定期メンテナンスをしてトラブルが顕在化する前に、未然にトラブルを予防することが大切なのです。

「営業用のプレゼン資料が印刷できない!」
「大事なデータをスキャン保存しておきたいのにできない!」
といった突然の事態に出くわしてしまうと、業務に大きな支障をきたしてしまいます。

トラブルを防止するためにも、定期的に複合機のエンジニアにメンテナンスをしてもらうようにしましょう!

1~3カ月に1回の定期メンテナンスが複合機の寿命をのばすカギ!

以上、複合機の定期メンテナンスの頻度を解説してきました。
複合機は非常に精密な機械ゆえ不具合が起こりやすく、定期メンテナンスが欠かせない機器だということが、ご理解いただけたのではないかと思います。

複合機の定期メンテナンスは、保守契約の中に組み込まれており大抵は無料で受けられます。
そのため、定期メンテナンスを依頼する際には、『事業者の技術力』『駆けつけスピード』に注目してみるとよいでしょう。

今後複合機を導入予定の事業者様は、本記事を参考にぜひ複合機の定期メンテナンスの契約をご検討ください。

EMEAO!なら、ご要望に合ったメンテナンス契約の提案をしてくれる業者を最短即日でご紹介できます!
完全無料のサービスなので、お気軽にご相談ください。

複合機の関連記事
発注したいジャンルを選択する