2019.11.01

Pマークの取り消しや一時停止って!?取り消しされた実例も紹介

bdede36d6abb674756c810c7786e1c23 - Pマークの取り消しや一時停止って!?取り消しされた実例も紹介

自社の個人情報保護のマネジメントシステム構築により取得した、Pマーク認定。
取引先や消費者の信用を得るのに、Pマークを活用している事業者様も多いですよね。

しかし、一度取得したPマークが取り消されたり、一時停止されたりする可能性があるのを知っていますか?

過去には、実際に問題を起こしてPマークの取り消しや一時停止の処分を受けた企業もあります。

では、どのようなときにPマークの取り消しや一時停止が行われるのか。
Pマークを運用する上でも、企業として個人情報を取り扱う上でも、知っておきたいですよね。

そこで今回は、Pマークの取り消しや一時停止処分の対象となるケースを、具体的な事例も併せて紹介します。
Pマークを取得している事業者様は、ぜひ最後までお読みください。

Pマークはなぜ取り消されたり、一時停止されたりする?

Pマークは、取り消しや一時停止をされることがあります。
なぜ、そのような事態が発生してしまうのでしょうか?

以下に具体的な内容を8つ紹介します。

1.個人情報の流出・漏洩

大切なお客様の個人情報を流出・漏洩させてしまった場合、Pマークの取り消し・一時停止が行われる可能性があります。

2.個人情報の紛失

大事に保管しなくてはならない個人情報を失くしてしまった。
その場合も、適切な管理をしていなかったという理由でPマークの取り消し・一時停止が検討されます。

3.個人情報の減失・棄損

個人情報の内容を失ったり、意図しない理由で個人情報が変更されていたり、暗号化された個人情報の暗号鍵が失われて複合できなくなったケースなどもPマークの取り消し・一時停止の理由となります。

4.個人情報の改ざん、正確でない保持

預かっていた個人情報を勝手に改ざんしたり、また正確に保管していなかったりする場合も、取り消しや一時停止の対象になります。

5.個人情報の不正・不適正取得

個人情報を正しくない方法で取得・収集した場合も、Pマークの取り消し・一時停止の対象になります。
例えば、嫌がる相手を恫喝(どうかつ)して個人情報を脅し取ったり、金銭と引き換えに個人情報を入手したりするなどが、不正・不適正取得にあたります。

6.個人情報の目的外利用・提供、不正利用

消費者のあずかり知らぬところで、事前に通知していたのとは異なる目的で個人情報を使用していたり、勝手に第三者に提供していたりする場合もNGです。
例えば、クレジットカードを不正に使用したり、登録されていたメールアドレスにスパムメールを送りつけたりする行為を指します。
このような個人情報の不正利用も、Pマーク取り消し・一時停止の対象になります。

7.個人情報を開示等しない

情報を提供してくれた本人に求められているのに、適切な個人情報の開示等を行わない場合も、Pマークの取り消し・一時停止の対象になります。

8.上記1.~8.のおそれ

実際に上記1.~8.の行為が発覚しなかったとしても、そのおそれがある企業と判断された場合は、Pマークの取り消し・一時停止の対象になります。

Pマークの取り消し・一時停止事例

Pマークは使用方法を誤ると取り消し・一時停止されることもあります。
例えば、2014年11月、顧客情報の大量流出が発覚したベネッセコーポレーションはPマークの取り消しを余儀なくされました。

ほかにも、年金機構のデータ処理を無断で中国の会社に再委託したことが発覚した株式会社SAY企画は、プライバシーマーク制度委員会による審議を経て、Pマーク付与の一時停止が決定。
現在、取り消しを受けたのは2社、一時停止事業者は3社となっています。
(参照:プライバシーマーク取消しおよび一時停止事業者|付与事業者情報 |プライバシーマーク制度|一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

Pマークは認定取得して終わりではない! 適切な運用を心がけよう!

以上、Pマークの取り消しや一時停止について、実例を併せて紹介してきました。

Pマークは個人情報保護に力を入れていることを内外に示せるツール。
しかし、実際に個人情報の漏洩・流出などの事故が起きてしまったら、取り消しや一時停止などの措置をとられる可能性もあります。
過去にも、さまざまな企業が上記のような事件を起こし、Pマークの取り消し・一時停止といった処分を受けました。

Pマークを運用する上で重要なことは、普段から個人情報に関する問題を起こさないよう注意することです。
消費者が安全して個人情報を提供できるようにするためにも、企業の関係者は常日頃から個人情報の保護・管理を徹底しましょう!

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - Pマークの取り消しや一時停止って!?取り消しされた実例も紹介

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する