2020.03.12

Axisの防犯カメラにはどんな強みがある?3特徴を紹介

AXIS - Axisの防犯カメラにはどんな強みがある?3特徴を紹介

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - Axisの防犯カメラにはどんな強みがある?3特徴を紹介

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集・執筆とお客様へのインタビューを担当させていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

「さまざまなメーカーが防犯カメラを販売しているけれど、どれを選べば良いかわからない…… 」
そう悩まれている事業者様もいらっしゃるはず。

そこで、今回はAxisの防犯カメラについて、代表的な機種から全般的な特徴、どんな方におすすめなのかまで詳しくご紹介していきます!
防犯カメラ選びでお困りの事業者様はぜひ参考にしてみてください!

この記事でわかること
  • Axisの防犯カメラの代表機種
  • Axisの防犯カメラの特徴
  • Axisの防犯カメラはどんな方におすすめなのか

Axisの防犯カメラについて簡単なご紹介

Axisは、1984年にスウェーデンで創業された、ネットワークカメラ技術に強みを持つ企業です。
2015年には大手電気メーカーのCanonにより買収され、2018年の時点で世界50カ国以上に展開しています。

Axisの防犯カメラには、以下のような代表機種があります。

Axisの防犯カメラの代表的な機種

Axisの防犯カメラの特徴とは?

ここからは、Axisの防犯カメラの特徴について詳しくご紹介していきます。
Axisの防犯カメラは大きく3つの特徴を備えています。

特徴①優れたHDTV画質での撮影が可能

Axisの防犯カメラは、HDTV(1080p)の高解像度による撮影が可能です。
細部まで明瞭な映像を保存することによって、不審者の特定に役立ちます。

特徴②データ量の削減が可能

Axisの防犯カメラには卓越した映像最適化技術が活用されており、さらに高品質な映像を可能な限り低容量に圧縮できます。
データを圧縮することによって、HDDなど記録媒体の容量節約や、データを送信する際のネットワークへの負担を軽減することが可能です。

特徴③暗闇や明暗所が混在する場所での撮影が可能

Axisの防犯カメラは暗闇や明暗所が混在するシチュエーションでの撮影に向いています。

Axisの防犯カメラには、赤外線照明内臓のカメラが採用され、高機能なWDR(ワイド・ダイナミック・レンジ)も搭載されています。
そのため完全な暗闇でも、明暗所が混在するシチュエーションでも明瞭な映像の記録が可能です。

Axisの防犯カメラはどんな場合におすすめ?

上記のような特徴から、Axisの防犯カメラは以下のような場合に適しているといえます。

Axisの防犯カメラはこんな方におすすめ

  • 細部まで明瞭な高解像映像が必要
  • データ送信時のネットワークへの負担を最低限にしたい
  • 完全な暗闇になる場所へ防犯カメラを設置したい
  • 明暗が混在する場所に防犯カメラを設置したい

Axisの防犯カメラは高画質かつデータ圧縮が可能!さらに暗闇での監視にも対応しています

いかがでしたでしょうか。
今回はAxisの防犯カメラの代表的な機種・特徴・どんな方に向いているのかについて解説しました。
Axisの防犯カメラは、「高画質」「データ圧縮」「暗闇や明暗所が混在する場所での撮影」において優れているといえます。

「Axisの防犯カメラの値段を知りたい」
「Axisの防犯カメラを管理している建物に設置したい」
と思われた事業者様は、ぜひEMEAO!をご利用ください!
コンシェルジュにご相談いただければ、予算感に関するアドバイスから、Axisの防犯カメラを取り扱っている優良業者のご紹介まで、完全無料でサポートいたします!

防犯カメラの関連記事
発注したいジャンルを選択する