2020.03.11

HITACHIの防犯カメラと他メーカーの違いは?3つの特徴を紹介

HITACHI 1 - HITACHIの防犯カメラと他メーカーの違いは?3つの特徴を紹介

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - HITACHIの防犯カメラと他メーカーの違いは?3つの特徴を紹介

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集・執筆とお客様へのインタビューを担当させていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

「防犯カメラを導入したいが、どのメーカーの製品を選べばいいのかわからない…… 」
とお困りの事業者様もいらっしゃることでしょう。

そこで今回の記事では、HITACHIの防犯カメラについて、代表的な機種から全般的な特徴、どんな方におすすめなのかまで詳しくご紹介していきます!
防犯カメラ選びでお困りの事業者様はぜひ参考にしてみてください!

HITACHIの防犯カメラについて簡単なご紹介

HITACHIは、1910年に鉱山機械を修理する工場として創設された企業です。
1920年に株式会社日立製作所となってからは、カメラ・電子計算機・ラジオ・冷蔵庫など多様な分野において、国内・海外問わずに活躍しています。

HITACHIの防犯カメラには、以下のような代表機種があります。

HITACHIの防犯カメラの代表的な機種

HITACHIの防犯カメラの特徴とは?

ここからは、HITACHIの防犯カメラの特徴について詳しくご紹介していきます。
HITACHIの防犯カメラは大きく3つの特徴を備えています。

特徴①超解像処理

HITACHIの防犯カメラは、独自の技術で映像に「超解像処理」を施します。
超改造処理によって、フルHD画質の動画であればHD画質相当の容量にまで圧縮することが可能です。

画像データを圧縮することによって、記憶媒体の容量節約と、ネットワークの負担軽減をすることができます。

特徴②360度の撮影が可能

HITACHIは防犯カメラに魚眼レンズを採用しました。
そのため、カメラ1台で360度の監視が可能です。
1画面に空間全体を表示できるため、人の動きを詳細に把握できます。

また、任意の一箇所に注目して映像を補正する「メカレスPTZモード」を搭載し、エリア全体の俯瞰だけでなく、細部まで監視可能となっています。

特徴③IP66準拠の防塵・防水性能

HITACHIの防犯カメラは、防塵・防水規格であるIP66に準拠して設計されています。
そのため、さまざまな場所の監視に活用することが可能です。

屋外はもちろん、水に濡れる恐れがある工場などの監視にも活躍しています。

HITACHIの防犯カメラはどんな場合におすすめ?

上記のような特徴から、HITACHIの防犯カメラは以下のような場合に適しているといえます。

HITACHIの防犯カメラはこんな方におすすめ

  • 保管する映像データを圧縮して記憶媒体の容量を節約したい
  • 少ない台数で広いエリアの監視を行いたい
  • 防塵・防水性能が必要とされる環境に設置したい

HITACHIの防犯カメラは360度監視が可能!防塵防水性能にも優れている

今回の記事では、HITACHIの防犯カメラの代表的な機種や全般的な特徴、どんな方におすすめなのかを解説してきました。
HITACHIの防犯カメラは、データ圧縮に優れていて、360度の撮影が可能、さらに防塵防水性にも優れています。

「HITACHIの防犯カメラの価格についても知りたい!」
「HITACHIの防犯カメラを発注したい!」
と思われた事業者様は、ぜひEMEAO!コンシェルジュにご相談ください。
予算感に関するアドバイスから、HITACHIの防犯カメラを扱っている優良業者のご紹介まで、完全無料でサポートさせていただきます!

防犯カメラの関連記事
発注したいジャンルを選択する