2020.02.14

アプリのセキュリティー対策をしないと何が起きる?対策方法も紹介

3860616d24983890c7dede2fab504396 - アプリのセキュリティー対策をしないと何が起きる?対策方法も紹介

この記事を書いた人

332df568e0b62f4b6d82a1e704c22f0a 300x300 - アプリのセキュリティー対策をしないと何が起きる?対策方法も紹介

編集部員 岡本

編集部の岡本です。以前はWEBディレクターとして中小企業のホームページ制作のディレクション等をしておりました。ユーザー様の声をきちんとコンテンツの内容や方向性に反映して、より良いメディアに出来るように日々精進してまいります。

アプリ開発を行う際にセキュリティー対策は必須事項です。

しかし、
「セキュリティー対策と言っても何に対してどんな対策をすればいいの?」
と悩んでいらっしゃる企業様も多いはず。

この記事では、アプリを開発する際のセキュリティー対策をしないと何が起こるのか、どんな対策をすればいいのかについて紹介します。

この記事でわかること
  • セキュリティー対策をしないと起こるトラブル
  • セキュリティー対策の方法

セキュリティー対策を行わないと起こるトラブル

セキュリティー対策をしないと、主に以下のようなトラブルに見舞われてしまいます。

トラブル①情報源にされてしまう

暗号化などのセキュリティー対策されていないアプリは、データストレージから情報を抜かれてしまいます。

アプリからユーザーの個人情報を取られてしまうということです。

トラブル②不正アプリの誘導に使われる

不正アプリへの誘導は、ユーザーの操作に合わせてポップアップが表示される機能を備えたアプリによくあるトラブルです。

セキュリティー対策できていないとポップアップが勝手に使われ、ユーザーが不正なアプリに誘導されてしまいます

トラブル③ウイルスによる攻撃を受ける

開発したアプリのセキュリティーが弱いと、アプリを媒介してユーザーのスマートフォンがウイルスに感染することも。

スマートフォンにウイルスが入ると、ユーザーのスマートフォンが正常に動かなくなったり、ユーザーの情報を盗まれたりするリスクがあります。

アプリを開発するときにできるセキュリティー対策

セキュリティー対策が充分でないと、起こり得るトラブルについてお分かりいただけたかと思います。
この項目では、トラブルを防ぐためにできることを紹介します。

対策①データを暗号化する

アプリ内のデータは暗号化しましょう。

ユーザーのスマートフォンにアプリのデータを保存する場合、暗号化を行なわいとウイルスに情報を読み取られる危険性があります。

対策②アプリの連携機能は最低限にしましょう

アプリの連携機能が原因で、セキュリティーが弱ってしまうこともあります。

アプリの機能に関係の無い、連絡先などと連携させるとそれが原因で情報がもれることがあるので、無駄に連携させるのはおすすめしません。

対策③パスワード設定を考える

ユーザー側で設定するパスワードを複雑にする工夫も必要ですが、アプリ開発の段階でできることもあります。

アプリを起動する際にユーザーがパスワードを入力するよう設定する、一定時間を過ぎるとログアウトするように設定するなどが開発段階でできることです。

アプリ開発においてセキュリティー対策は絶対必要です

アプリを開発する際のセキュリティー対策をしないと何が起こるのか、どんな対策をお分かりいただけたでしょうか?

アプリ開発においてセキュリティー対策は絶対必要です。
万が一、情報漏えいがあった場合は企業の信用問題に関わります。

コンシューマー向け・ビジネス向けのアプリに関係なく、セキュリティー対策は必ずアプリ開発会社に依頼しましょう。
EMEAO!には優良なアプリ会社の紹介実績が豊富にございますので、ぜひお気軽にご相談ください!

アプリ開発の関連記事
発注したいジャンルを選択する