25520841 s - iOS(iPhone)アプリの作り方は?必要なものや収益化する3つの方法も解説

iOS(iPhone)アプリの作り方は?必要なものや収益化する3つの方法も解説

公開日:2023.12.19 最終更新日:2023.12.19

昨今、iPhoneの国内シェアが広がり、iOS(iPhone)アプリ開発への注目が高まっています。iOSアプリを開発する際には、必要なものや知識、手順などを知ることが大切です。

本記事では、iOS(iPhone)アプリの作り方をはじめ、必要なものや収益化する3つの方法ついて解説します。必要なスキルを学習する方法も紹介しているので、iOSアプリを開発する際の参考にしてください。

 

iOSアプリの開発前に必要なもの

iOSアプリを開発する際には、まず必要なものを準備しましょう。

  • パソコン
  • 開発環境
  • iPhone・Apple ID
  • Apple Developerのアカウント登録費用

それぞれ詳しく解説します。

パソコン

iPhoneはApple製品であるため、互換性のあるMacのパソコンがおすすめです。

WindowsのパソコンでもiOSアプリの開発はできますが、仮想OSを作って開発する必要があります。しかし設定が大変なうえ、不具合が起こる可能性もあるため避けた方がよいでしょう。

また、ストレスなく開発を進めるためには、以下のスペックのMacのパソコンを選ぶとよいでしょう。

  • CPU:Core i5以上
  • メモリ:8GB以上
  • ストレージ:128GB以上(SSD)

開発環境

アプリのプログラムを実行したりエラーを確認したりする際は、開発環境で実施します。iOSアプリ開発に使用される開発環境は、以下の3つです。

  • Xcode
  • Xamarin
  • Flutter

Xcodeは、Apple社が開発したMac専用の統合開発環境で、iOSアプリとの相性がよいとされています。また、コードが少なくて済むため、iOSアプリ開発が初めての方も安心して利用できます。

Xamarinは、プログラミング言語のC#で操作できる、オープンソースの開発環境です。複数のOSに対応したアプリを開発できるため、iOSアプリとAndroidアプリの両方を同時にリリースしたい方におすすめです。

Flutterは、Google社が開発した開発環境で、プログラミング言語のDartを使用したクロスプラットフォームを開発できます。上記2つの開発環境よりも、デザイン性の高いアプリを開発できるのが特徴です。

iPhone・Apple ID

アプリの開発はパソコンで行いますが、最終的なアプリの動作やエラー発生の確認は、iPhoneの実機を用いて実施します。

また、テストが終了し、Apple Storeにアプリを申請する際には、Apple IDが必要です。個人の場合は個人アカウント、法人の場合は法人アカウントを準備しましょう。

Apple Developerのアカウント登録費用

Apple Storeにアプリを申請する際には、Apple Developerのアカウントも必要です。Apple Developerのアカウントの登録費用は、個人の場合は年間99ドル、法人の場合は年間299ドルかかります。

 

iOSアプリを開発する際に必要な3つの言語

iOSアプリを開発する際には、以下の3つの言語を覚えておくべきです。

  • Swift
  • Java
  • Python

それぞれ詳しく解説します。

Swift

Swiftは、Apple社が開発したiOSアプリ向けのプログラミング言語です。これまでは「Objective-C」と呼ばれる言語が使われていましたが、より最適化できるようにとSwiftが開発されました。Swiftは、文法がシンプルでわかりやすく、複雑なコードを書かなくて済みます。

動作が軽量で、プログラミング作業がしやすい点が特徴です。

Java

Javaは、世界的に人気があるプログラミング言語で、日本でも多くの開発に利用されています。セキュリティの高さが特徴なので、銀行や証券会社などの大規模なアプリを開発する際におすすめです。

処理速度が高いため、IT人材が少ない企業にも適しています。

Python

Pythonは、AIやブロックチェーンなどでよく使用されているプログラミング言語です。データ分析や統計が得意で、汎用性が高い点が特徴です。文法がわかりやすいため、初めての方でも学びやすいプログラミング言語です。

iOSアプリの作り方・手順

iOSアプリを作る際の手順は、以下の通りです。

  1. 開発するアプリの企画
  2. 画面設計図の制作
  3. アプリ開発の開始
  4. 動作テストの実施
  5. アプリの申請・公開

それぞれ詳しく解説します。

開発するアプリの企画

iOSアプリを作る際には、まずは開発アプリの企画を立てます。どのようなサービスを提供したいか、機能やデザイン、実現方法などを詳細に決めましょう。自身が持つスキルや経験と照らし合わせ、無理のない範囲で企画を立てることが大切です。

画面設計図の制作

企画を立てたら、画面設計図を制作しましょう。画面設計図は、上流工程の社員だけではなく、下流工程の社員も着手します。そのため、下流工程の社員にも伝わる内容にすることが大切です。

アプリ開発の開始

画面設計図をもとにソースコードを書き、アプリ開発を開始します。画面設計図の内容に関して不明点や疑問点があれば、必ず確認をとってから進めるようにしましょう。

動作テストの実施

アプリ開発がある程度進んだら、動作テストを実施します。iPhoneを使用し、問題がなく動作できているか確認する作業です。バグやエラーなどが発生した場合はその都度、修正していきましょう。

アプリの申請・公開

動作テストが完了したら、Apple Developerへアプリの申請をしましょう。申請後は、審査の結果を待ちます。審査の結果によっては、不具合や問題点が見つかる場合もあり、再審査が必要になります。審査を無事通過できたら、アプリを公開しましょう。

iOSアプリを収益化する3つの方法

iOSアプリを収益化する方法は、主に3つあります。

  1. アプリ利用の有料化
  2. アプリ内の広告掲載
  3. アプリ内課金の設定

それぞれ詳しく解説します。

アプリ利用の有料化

iOSアプリを収益化する方法として、アプリ利用の有料化が挙げられます。有料アプリは、アプリがインストールされる際に収益を得られます。

ただし、有料アプリは、インストールのハードルが上がるため、費用に見合った内容のアプリを作成する必要があります。

アプリ内の広告掲載

iOSアプリ内に広告を掲載し、広告収益を得て収益化する方法もあります。アプリ内に広告動画を流したり、広告バナーを設置したりして、収益化します。

1つあたりの広告収益は少額ではありますが、利用者が多ければ安定した収益を得られます。

アプリ内課金の設定

アプリ内課金を設定することで、収益化する方法もあります。アプリの内容にもよりますが、有料のサービス・アイテムを作成することで、継続的に稼げます。

アプリ内課金で得た収益の15〜30%が手数料として差し引かれます。

iOSアプリ開発に必要なスキルを学習する方法

iOSアプリ開発に必要なスキルを学習する方法は、主に3つあります。

  • Webサイトで学習する
  • 本で学習する
  • プログラミングスクールで学習する

それぞれ詳しく解説します。

Webサイトで学習する

iOSアプリを開発する際には、Webサイトで学習する方法がおすすめです。Webサイトで学ぶ場合、インターネット環境とパソコンやスマートフォンさえあれば、気軽に学習できます。

またテキストだけではなく、図解やイラスト、動画などでも解説されているため、初心者でも理解しやすいのが特徴です。

本で学習する

iOSアプリ開発に必要なスキルを学習する方法として、本で学ぶという手段もあります。Webサイトで基礎を学び、実際のコーディングやサンプルコードを本で学ぶのをおすすめします。

本で学ぶ際には、1〜2冊に絞って繰り返し学ぶようにしましょう。

プログラミングスクールで学習する

プログラミングスクールを活用して学習する方法もあります。学習途中で挫折したくない方や独学するのが心配な方には、この方法がおすすめです。

まとめ:iOS(iPhone)アプリを作成し、活躍の場を広げよう

昨今、アプリ開発の動きが活発に進んでおり、iOSアプリの開発に興味を持つ方が増えています。

iOSアプリを開発する際には、まずはパソコンや開発環境、iPhoneなど、必要なものを準備しましょう。その後、アプリ開発の企画を立て、画面設計図を制作し、アプリ開発を進めます。動作テストを実施し、アプリの申請・審査が通ったら、アプリを公開しましょう。

iOSアプリ開発を検討されている方は、本記事を参考に、ぜひアプリを作成し、活躍の場を広げてみませんか?

業者選びに迷ったらエミーオ! 業者選びに迷ったらエミーオ!

ぴったりの業者を
無料で紹介します

ご相談はこちら ご相談はこちら お電話はこちら お電話はこちら

この記事を書いた人

hata

25520841 s - iOS(iPhone)アプリの作り方は?必要なものや収益化する3つの方法も解説
この記事が気に入ったら いいね!!しよう!
アプリ開発の関連記事

EMEAO!業者選定ガイドとは

業者,選定

いろいろな業種の「発注のお悩み」を解決するウェブマガジンです

このサイトは、専門業者紹介サービス、エミーオ!が運営しています。エミーオ!は、発注したい仕事の詳細をお伺いし、それに応えられる業者を紹介する完全人力サービス。
自動化された見積もり比較サイトとの違いは、お客様の問題解決に注力していること。専門性の高いスタッフが案件を理解した上で業者を選定しています。
このウェブマガジンは、エミーオ!を通して得た、さまざまな業種のお悩みや旬の話題をお届けしています。

ポイント

業者選びのコツがわかるから失敗を防げる

ポイント

関係あるビジネスの
トレンドがわかる

ポイント

今さら聞けない業界知識がよくわかる

お客様のご利用エピソード

コンシェルジュが仲介してくれるので安心して業者探しを相談できまし...
原状回復

コンシェルジュが仲介してくれるので安心して業者探しを相談できました!【お客様の声|原状回復】

お客様の声
業者選びの手間がはぶけて、オフィスの移転準備がはかどりました!【...
ビジネスホン

業者選びの手間がはぶけて、オフィスの移転準備がはかどりました!【お客様の声|ビジネスホン】

お客様の声
業者を乗り換えて反響率が1%未満から2.8%にアップしました!【...
ポスティング

業者を乗り換えて反響率が1%未満から2.8%にアップしました!【お客様の声|ポスティング】

お客様の声
台数や機種についてアドバイスをもらい、最適な条件で発注できました...
防犯カメラ

台数や機種についてアドバイスをもらい、最適な条件で発注できました【お客様の声|防犯カメラ】

お客様の声
細かい条件で業者を絞り込めるので、簡単に最適な1社が選べました!...
清掃業者

細かい条件で業者を絞り込めるので、簡単に最適な1社が選べました!【お客様の声|清掃業者】

お客様の声
難しい条件にも関わらず、翌日には複数業者を紹介してもらえました!...
翻訳会社

難しい条件にも関わらず、翌日には複数業者を紹介してもらえました!【お客様の声|翻訳会社】

お客様の声
前の外注先とは比べられないほど正確な翻訳会社に出会えました!【お...
翻訳会社

前の外注先とは比べられないほど正確な翻訳会社に出会えました!【お客様の声|翻訳会社】

お客様の声
長期的にお付き合いしたい、親切な業者を紹介してもらいました!【お...
決済代行

長期的にお付き合いしたい、親切な業者を紹介してもらいました!【お客様の声|決済代行】

お客様の声
相見積りをとってランニングコストを30%も削減できました!【お客...
複合機

相見積りをとってランニングコストを30%も削減できました!【お客様の声|複合機】

お客様の声
業者選びがスムーズに進み、余裕で納期に間に合いました!【お客様の...
ビジネスホン

業者選びがスムーズに進み、余裕で納期に間に合いました!【お客様の声|ビジネスホン】

お客様の声
もっと見る→

条件・要望にぴったりな業者がみつかる

専門業者ご紹介サイト

業者選びに迷ったらエミーオ! サービスの詳細はこちら
0 登録不要
完全無料
楽々 コンシェルジュ
に相談するだけ
安心 評判の良い
業者をご紹介
迅速 お急ぎ案件も
お任せ!
ご要望を
お聞かせ
ください

条件・要望に沿える業者のみを厳選してご紹介します。簡単5分のご相談で満足いく業者がきっと見つかります。

サービスの詳細はこちら お電話はこちらから メールでのお問い合わせはこちらから