2019.08.01

アプリ開発を依頼する際の流れを要件定義から納品まで解説

19695a8ced79703fb874b9f54b8dcedf - アプリ開発を依頼する際の流れを要件定義から納品まで解説

「アプリを業者に開発したいけれど、どんな流れで進めていけばいいのかよくわからない」
とお悩みの事業者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、アプリの開発を業者に依頼する際の流れを要件定義から納品まで通して8つのステップに分けて解説いたします。
各ステップでの注意事項もご紹介しますので、ぜひアプリの開発依頼をする前にご一読ください。

この記事でわかること
  • アプリ開発を依頼する際の流れ
  • 各ステップで気を付けるべきポイント

アプリ開発を依頼する際の流れとは?

それではさっそく、アプリ開発を依頼する際の流れをご説明します。
アプリの開発を依頼する際の流れは、おおまかに8つのステップに分けられます。

アプリ開発の8つのステップ

  1. アプリ開発を依頼する業者を選ぶ
  2. 要件定義をする
  3. 見積もりを取る
  4. 基本契約書を締結する
  5. 要求定義書を作成し、外部設計と内部設計を行う
  6. 個別契約を結ぶ
  7. 開発作業
  8. 納品

以下、それぞれのステップについてくわしく解説していきます。
各ステップで注意したいポイントもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

ステップ①初めの一歩は「アプリ開発を依頼する業者選び」

自社にエンジニアがいる場合なら社内で相談してプロジェクトを進めればよいのですが、アプリ開発に長けたエンジニアを抱えている会社は少ないのではないでしょうか?
そのため、アプリの開発を依頼する業者を選ぶことが最初のステップとなります。

アプリ開発依頼の際に注意したいポイントは、次の2つ。

1つ目は、今回作りたいと思っているタイプのアプリ開発が得意か確認するというポイントです。
AndroidやiOSなどのプラットフォームごとに開発言語が違うので、どちらに慣れているか、または両方大丈夫なのかを確認しましょう。
ゲーム用アプリやビジネスアプリなど、どの用途の実績が豊富なのかも重要です。
専門的に開発している会社なら、自分たちでは気が付きにくい問題点やよりよくするための改善案など提案してくれるからです。

2つ目は、その業者が自社アプリを開発している実績があるか確認するというポイントです。
自社でアプリ開発が出来るほど体制が充実している企業であれば、外部からの依頼についても高いクオリティーで対応してもらえる可能性が高まります。

また、企画がまだ定まっていないときは総合的に実績のある会社に問い合わせてみるか、企画段階からアドバイスをくれるITコンサルタントに相談することも検討してみてください。

ステップ②アプリの姿を明確にしていく「要件定義」

アプリのイメージを可能な限り具体化・明文化するのが要件定義の肝です

どんなアプリを開発したいのか?
イメージを固めていこう次のステップは、要件定義です。

要件定義とは、アプリ開発を依頼する際、実装する機能や満たすべき性能などを明確にしていく作業のこと。
つまり、具体的にどういうアプリを開発したいのか詳細を詰めていく作業のことを指します。

そのために、まずはアプリ開発の目的と解決したい課題を明確にするようにしましょう。
例えばゲームアプリと、業務改善のアプリだと目的も課題も大きく変わってきます。

次に、目的と課題を達成するために何が必要かを洗い出し、業者に現在の技術でどこまで実現できるかを確認してもらいます。
最後に、使用する言語やプラットフォーム、実装する機能を決めていきます。

ステップ③アプリ開発会社を比較検討するために「見積もりを取る」

複数業者で見積をとって、かかる費用をくらべてみよう

要件定義が一通り済んだら、この段階で見積もりをもらいます。
3社ほど見積を取っておくと、比較しながらどの業者に依頼をするか検討できます。

比較検討する際には、単純な価格だけでなく、要件定義した内容や担当者の仕事ぶりも含めて総合的に判断するのがポイントです。
なぜかというと、安さだけを追い求めるとスペックを犠牲にしなくていけなくなったり、多額の追加費用が発生したりする恐れがあるからです。

依頼する業者の選択が自社の担当者だけで難しい場合は、ITコンサルタントに依頼して要件定義を手伝ってもらうのも検討すると良いでしょう。

ステップ④選び抜いた1社と「基本契約書を締結」

3社ほどのアプリ開発業者を比較検討して1社に絞ったら、依頼のための基本契約書を締結します。

ステップ⑤詳細を詰めていくために「要求定義書を制作し、外部設計・内部設計を行う」

基本契約書を交わしたら、次に要求定義書を作成します。
要件定義の内容を、アプリを開発する業者が実際のプログラミングを出来るように資料に落とし込んでいく作業です。

要求定義書が出来上がったら、要件定義書に従って外部設計と内部設計を行います。
外部設計は開発会社任せにせずにしっかり確認をし、内部設計は開発会社に任せるというのがポイントです。

外部設計は、全体のインターフェースやデザインなどのアプリの外見を決定していく作業です。
使いやすさに大きく影響する作業なので、業者説明をしてもらって確認をするようにしましょう。

次に内部設計を行います。
こちらはアプリの細かい仕様を設計して定めていく作業のことで、基本的には開発会社に任せてオッケーです。

ステップ⑥ようやくアプリ開発スタート!「個別契約を結ぶ」

以上の3ステップが完了したら、正式に個別契約を結びます。
この契約を取り交わすといよいよアプリ開発がスタートするので、契約書の内容は細部までしっかりチェックするようにしましょう。

ステップ⑦業者に任せっきりはNG!「開発作業」

発注後もしっかりと連絡をとるのが、成功のカギです!

実際に発注したら、作業は開発依頼した業者に移ります。
いわゆるプログラミングやテストなどを行う段階です。

ただし、開発業者に任せっきりにしていてはいけません。
開発業者が開発をしている段階で、発注側の注意すべきポイントが2点あります。

1つは、進捗具合の確認をすることです。
基本的には依頼した業者がしっかり期日を守るはずですが、他の業務との兼ね合いで遅れが出ることも想定されます。
後々になってリリースの〆切に間に合わないということがないように、定期的に進捗を確認しましょう。

2つ目は、仕様変更の際には早急に対応することです。
開発途中で、当初想定していた仕様では求めているアプリが開発できないという事態が発生するかもしれません。
万が一そのような事態が発覚したら、すぐに依頼会社と一緒に対策を考えましょう。
もし大幅な仕様変更を行わなければいけない場合は多額の追加費用が発生することもありますので、ご注意ください。

ステップ⑧最後まで気を抜かないでしっかり確認しよう!「納品」

以上①~⑦のステップを踏んで、ようやくアプリが納入されます。
しかし、ここで気を抜いてはいけません。

納品の際には運用・保守について確認する必要があります。
ソースコードを納品してもらう形式だと、基本的には自社のエンジニアがその後の保守や運用を行います。
そのため、自社で運用する場合はコーディングや開発に利用したツールなどについてしっかり確認しましょう。
もし、しっかりと運用に必要な情報を確認しておかないと、後で大きな手間や追加費用が発生してしまいます。

一方で依頼する会社に運用や保守も任せる場合は、このような問題は基本的には発生しません。予算に余裕があるなら、運用・保守の契約も盛り込んでおくと良いでしょう。

アプリ開発依頼の流れを把握して、満足いくアプリを完成させるために役立てよう!

今回はアプリ開発を依頼する際の流れについて、8つのステップに分けてご紹介してきました。
アプリ開発を依頼してから納品までどのような流れで進んでいくのか、ご理解いただけたのではないかと思います。

アプリを開発が完了するまでの流れは、思っていたよりも長い道のりに感じたかもしれません。
しかし、8つのステップを着実に踏むことで、きっと満足できるアプリを完成させることができます。
本記事を参考にぜひ門族のいくアプリを完成させてください!

「流れも分かったことだしアプリ開発を依頼してみよう!」
と思われた事業者様はぜひEMEAO!にお問い合わせください。
コンシェルジュにご相談いただければ、第三者機関の審査を通過した優良なアプリ開発会社の中から、要望にピッタリな業者を複数ピックアップして無料でご紹介いたします。

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - アプリ開発を依頼する際の流れを要件定義から納品まで解説

編集部員 河田

編集の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

アプリ開発の関連記事
発注したいジャンルを選択する