2c80208e8d3b792c31660c0ad23e9064 - Web アプリとクラウドアプリの違いとは?それぞれの仕組みから解説

Web アプリとクラウドアプリの違いとは?それぞれの仕組みから解説

公開日:2020.01.24 最終更新日:2020.08.31

※この記事は2020年8月14日に更新されました。

インターネットを通じて利用するという点でWebアプリとクラウドアプリは似ています。

「そもそもこの2つは別のものなの?」
「アプリ開発を依頼したいけど、Webアプリとクラウドアプリの違いがわからない」
このように疑問に感じられる方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、Webアプリとクラウドアプリの違いを解説します。
アプリ開発の外注をお考えの事業者様はぜひご一読ください。

Webアプリとクラウドアプリの違い

Webアプリとクラウドアプリの違いは大きく分けて3つあります

Webアプリとクラウドアプリはよく似ていますが、主に3つの異なる点があります。

Webアプリとクラウドアプリの違い

  1. ブラウザ以外で動かすことができるか
  2. 動作の仕組み
  3. オフライン環境でも利用可能か

ここからは、3つの違いとともに両者の特徴を解説していきます。

Webアプリとは?

Webアプリとは、インターネットに接続してWebブラウザ上で操作するアプリのことです。

Webアプリの例としては、GoogleやYahoo!といった検索エンジン、Amazonのような通販サイト、FacebookやTwitterのようなSNSなどが挙げられます。

Webアプリのデータはサーバーに管理されており、ユーザーはインターネット接続によってブラウザを通じてアプリの動作に必要なデータを要求します。
サーバーから送られてきたデータによってアプリを操作できるという仕組みです。

Webアプリは、インターネットに接続詞ブラウザ上で動かすアプリです

Webアプリの仕組み・特徴 画像クリックで拡大表示

Webアプリは、ブラウザを通じて動作するため特定のソフトウェアやアプリを新規にインストールする必要はありません。

同時に、ブラウザを通じてインターネット接続を行う必要があるためオフラインの環境では動作できないという特徴があります。

クラウドアプリとは?

クラウドアプリとは、いわば進化したWebアプリです。
「クラウド」という仮想サーバー上のシステムに接続して利用するという仕組みです。
Webアプリのようにブラウザからアクセスして利用することもできれば、PCやスマホ等、端末に専用アプリをインストールして使うという方法もあります。

クラウドアプリの例としては、Evernote、Dropbox、zoomなどが挙げられます。

クラウドアプリは、クラウドに接続してデスクトップ上で使アプリです

クラウドアプリの仕組み・特徴 画像クリックで拡大表示

クラウドアプリはWebアプリとは異なり、直接サーバーにアクセスするのではなく、複数のサーバー群からなる「クラウド」という場所にアクセスします。
データの管理場所が分散されているため、不具合が起きた場合もある程度補って稼働し続けることも可能です。

専用アプリを端末にダウンロードした場合、オフラインの環境下でも一部機能が使えるという点はWebアプリと大きく異なります。

そもそもクラウドとは?

インターネットを通じて、自分の端末以外の場所とデータのやり取りをするという点でサーバーとクラウドは同じものに思えますよね。
従来のサーバーとは違うなら、クラウドとは一体どういうものなのか、クラウドの本体はどこにあるのか疑問に感じたことはないでしょうか?

大量のサーバーや管理機器が集約された「データセンター」という施設が世界各地にあり、複数のデータセンターが連携して動作しているものをクラウドと呼びます。

管理場所が一元化されておらず、複数箇所に分散されているのがクラウドの特徴です。
特定の物・場所に限定されていないためはっきりとした形がないことから、クラウド(=雲)と呼ばれています。

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

Webアプリの開発の仕組み・流れ

Webアプリが進化したものがクラウドアプリであり、両者ともブラウザで操作できる等共通点もあるということを解説しました。

そこで、ここからはWebアプリの開発の流れをざっくりと解説します。
専門会社の外注する場合であっても、開発の仕組みや流れを頭に入れておくことで業者とのやり取りや進捗管理がスムーズに進みます。

Webアプリの開発の流れ

  1. アプリの構想を練る
  2. サイトマップの作成
  3. ワイヤーフレームの設計
  4. コーディング
  5. ドメインとサーバーの用意

①アプリの構想を練る

構想を練ることを企画と言います。
まずは「どのような目的でどんなアプリを作りたいのか」ということを決めましょう。

この部分は、自社で完結する場合もあれば企画の段階から業者に相談しアドバイスをもらうこともできます。

②サイトマップの作成

Webアプリの場合、ブラウザ上で動くアプリなので基本的な構成はWebサイトと同じようなものとイメージして問題ありません。

どのような役割のページが必要で、ページ同士はどこでどのようなつながりがあるのか、というアプリ全体の構成を明確にしましょう。

③ワイヤーフレームの設計

ワイヤーフレームとは、大まかなデザインのイメージやレイアウトなどを書き出したデザインの設計図のようなものです。

サイトマップを作成し、どんなページが必要かわかったらそれぞれのページのデザインを考えましょう。

1からワイヤーフレームの設計を業者に依頼することはもちろん、こちらで作成したラフをもとに開発チームのデザイナーに形に起こしてもらえることも可能です。

④コーディング

サイトマップとワイヤーフレームが完成したら、いよいよ実際にプログラミングを行ってWebアプリの形を作る工程に入ります。

Webアプリは基本的にはWebサイトと仕組みは同じなので、ユーザーが直接目に触れる部分にはHTMLやCSS、JavaScriptといったWebサイトではお馴染みの言語を使います。

Webアプリの動作や処理といった裏側の部分には、PHP、Ruby、Pythonといった言語が使われます。

⑤ドメインとサーバーの用意

Webアプリは根本はWebサイトと同じ仕組みで動いているため、Webサイトと同じくURLが必要です。
URLを得るために、ドメインとサーバーを用意する必要があります。

「●●.jp」「●●.com」の●●部分がドメインです。
アプリのサービス名に設定することが一般的でしょう。
ドメインの取得にかかる費用の相場は、1年間で1,000~2,000円程度です。

サーバーはひと月あたり1,000~2万円程度が相場とされていますが、複雑なアプリでユーザーの人数が多いほどサーバー費用は高くなるため状況により必要な金額は異なります。

ドメインの取得費用とサーバー費用については、基本的には開発費用に含まれていますが、念のため見積もりの際に確認しておきましょう。
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

アプリ開発の外注先はどのように選べばよい?

Webアプリやクラウドアプリは知識さえあれば、簡単なものであれば初心者でも開発することは可能です。
しかし、事業の一環としてWebアプリやクラウドアプリをリリースしたいのであれば、アプリに関するノウハウを熟知した専門会社への依頼がおすすめです。

外注先のアプリ開発会社を選ぶ際に最も大切なのは、同じ条件で3社以上の業者に見積もりをとって比較することです。

同じアプリ開発会社であってもそれぞれ強みが異なるため、自社の希望条件に近い実績が過去にある業者や、希望している内容の理解度の高い業者が望ましいです。
単純に納期や費用だけで判断するのではなく、実際にやり取りをして担当者との相性は問題なさそうか、信頼できる業者かという部分も含めて総合的に判断をすることで最適な業者に発注することができます。

アプリ開発会社を比較する際、具体的にどのようなポイントに着目すればよいかはこちらの記事で詳しく解説しています。

Webアプリをより便利に進化させたものがクラウドアプリ

以上、Webアプリとクラウドアプリの違いをご紹介いたしました!

両者は全くの別物というわけではなく、Webアプリの利便性をより高め、進化させたものがクラウドアプリといえます。
クラウドアプリはWebアプリのようにブラウザ上で操作することはもちろん、専用アプリを端末にインストールすることでオフライン環境でも一部の機能を使うこともできます。
また、特定のサーバーを使っているのではなく、複数拠点からなるクラウドを使っているため、不具合が起きた場合もある程度補えるという強みもあります。

「まずはWebアプリの開発を相談したい!」
「Webアプリとクラウドアプリどちらがよいか相談したい!」
そう思われた事業者様は、ぜひEMEAO!までお問い合わせください。

コンシェルジュによる簡単なヒアリングにご対応いただくだけで、ご要望を叶えることのできる優良アプリ開発会社を最短即日で紹介いたします!
ご利用は完全無料ですので、お気軽にご相談ください。

業者選びに迷ったらエミーオ! 業者選びに迷ったらエミーオ!

ぴったりの業者を
無料で紹介します

ご相談はこちら ご相談はこちら お電話はこちら お電話はこちら
332df568e0b62f4b6d82a1e704c22f0a 300x300 - Web アプリとクラウドアプリの違いとは?それぞれの仕組みから解説

この記事を書いた人

編集部員 岡本

編集部の岡本です。以前はWEBディレクターとして中小企業のホームページ制作のディレクション等をしておりました。ユーザー様の声をきちんとコンテンツの内容や方向性に反映して、より良いメディアに出来るように日々精進してまいります。

2c80208e8d3b792c31660c0ad23e9064 - Web アプリとクラウドアプリの違いとは?それぞれの仕組みから解説
この記事が気に入ったら いいね!!しよう!
アプリ開発の関連記事

EMEAO!業者選定ガイドとは

業者,選定

いろいろな業種の「発注のお悩み」を解決するウェブマガジンです

このサイトは、専門業者紹介サービス、エミーオ!が運営しています。エミーオ!は、発注したい仕事の詳細をお伺いし、それに応えられる業者を紹介する完全人力サービス。
自動化された見積もり比較サイトとの違いは、お客様の問題解決に注力していること。専門性の高いスタッフが案件を理解した上で業者を選定しています。
このウェブマガジンは、エミーオ!を通して得た、さまざまな業種のお悩みや旬の話題をお届けしています。

ポイント

業者選びのコツがわかるから失敗を防げる

ポイント

関係あるビジネスの
トレンドがわかる

ポイント

今さら聞けない業界知識がよくわかる

お客様のご利用エピソード

業者選びの手間がはぶけて、オフィスの移転準備がはかどりました!【...
ビジネスホン

業者選びの手間がはぶけて、オフィスの移転準備がはかどりました!【お客様の声|ビジネスホン】

お客様の声
業者を乗り換えて反響率が1%未満から2.8%にアップしました!【...
ポスティング

業者を乗り換えて反響率が1%未満から2.8%にアップしました!【お客様の声|ポスティング】

お客様の声
台数や機種についてアドバイスをもらい、最適な条件で発注できました...
防犯カメラ

台数や機種についてアドバイスをもらい、最適な条件で発注できました【お客様の声|防犯カメラ】

お客様の声
細かい条件で業者を絞り込めるので、簡単に最適な1社が選べました!...
清掃業者

細かい条件で業者を絞り込めるので、簡単に最適な1社が選べました!【お客様の声|清掃業者】

お客様の声
難しい条件にも関わらず、翌日には複数業者を紹介してもらえました!...
翻訳会社

難しい条件にも関わらず、翌日には複数業者を紹介してもらえました!【お客様の声|翻訳会社】

お客様の声
前の外注先とは比べられないほど正確な翻訳会社に出会えました!【お...
翻訳会社

前の外注先とは比べられないほど正確な翻訳会社に出会えました!【お客様の声|翻訳会社】

お客様の声
コンシェルジュを通して業者と相談し300万円以内でのアプリ開発が...
アプリ開発

コンシェルジュを通して業者と相談し300万円以内でのアプリ開発が実現【お客様の声|アプリ開発】

お客様の声
長期的にお付き合いしたい、親切な業者を紹介してもらいました!【お...
決済代行

長期的にお付き合いしたい、親切な業者を紹介してもらいました!【お客様の声|決済代行】

お客様の声
相見積りをとってランニングコストを30%も削減できました!【お客...
複合機

相見積りをとってランニングコストを30%も削減できました!【お客様の声|複合機】

お客様の声
業者選びがスムーズに進み、余裕で納期に間に合いました!【お客様の...
ビジネスホン

業者選びがスムーズに進み、余裕で納期に間に合いました!【お客様の声|ビジネスホン】

お客様の声
もっと見る→

条件・要望にぴったりな業者がみつかる

専門業者ご紹介サイト

業者選びに迷ったらエミーオ! サービスの詳細はこちら
0 登録不要
完全無料
楽々 コンシェルジュ
に相談するだけ
安心 評判の良い
業者をご紹介
迅速 お急ぎ案件も
お任せ!
ご要望を
お聞かせ
ください

条件・要望に沿える業者のみを厳選してご紹介します。簡単5分のご相談で満足いく業者がきっと見つかります。

サービスの詳細はこちら お電話はこちらから メールでのお問い合わせはこちらから