2019.10.28

業務系アプリの開発を依頼する際の2つのポイント

f19f0ac6ddea1106e290da1390e9b305 - 業務系アプリの開発を依頼する際の2つのポイント

会社で仕事を行うにあたって、業務をスムーズにするための社内アプリを導入している企業は少なくありません。
市販のものではカバーが難しい業務でも、自社用に開発した業務系アプリを利用することで、簡単にシステム化することができます。

では、社内で使う業務系アプリの開発を外部に依頼する際、どのような点に気をつければよいのでしょうか?
大まかな概要だけ伝えても、思った通りのアプリは開発されません。

そこで本記事では、業務系アプリの開発を依頼する際に、気を付けるべきポイントを紹介していきます。
社内独自の業務系アプリの導入をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

ポイント① アプリを使ってどんな業務をするか明確に伝える

業務系アプリを開発する際重要なことは、どのような目的で使用するのかを明確にすることです。

例えば会社のデータベースアプリを作成する場合、データの収集機能のような基本機能はもちろん必要です。
しかし、それだけは市販のアプリでも補え、独自のアプリを作る意味がありません。

社内アプリを作る意味としては、業務内容の細かい部分まで役に立つ機能を搭載することで、市販のアプリと差別化できることにあります。
社内独自のカテゴリ別で整理する機能のような、自社の業務内容に合った要求を開発会社に伝えるべきでしょう。

アプリ開発会社とは、細かいヒアリングを行って、本当に欲しい機能が搭載されるかをしっかり確認しましょう。

独自の業務アプリを開発するメリット

社内専用の業務系アプリを開発するメリットとしては、社内の業務内容に寄り添った機能を持っている点にあります。

市販の業務系アプリは、一般的に使われる基本機能のみを搭載したものが多いため、欲しい機能をカスタマイズすることができません。
しかし、社内独自でアプリを開発すると、必要な機能を1つに集約できるのでスムーズに業務を行うことができます。

社内の業務系アプリにSNS機能が搭載されているなら、外出先でも手持ちの端末機器から連絡がしやすいです。

また、スタッフ全員が共通のものを使っているためデータの共有がしやすいこともメリットの1つです。

ポイント② シンプルな作りにする

業務系アプリは社内業務で使用するため、シンプルで使いやすい必要があります。

市販のアプリでは、ポップアップ広告や課金機能を搭載している場合がほとんどです。
しかし、社内アプリの場合、それらを排除して必要な機能のみをカスタマイズすることができます。

社内独自の業務系アプリは、取引先の方にも利用してもらうケースもあります。
例としては、運送業者で商品がいつ届くかの進捗アプリを、発送者側、ドライバー、お届け先の人達が利用するとします。
すると商品が今どこにあるのか、どの段階にいるのかをリアルタイムで追跡ができ、連絡が取りやすくなります。

コスト面と相談した業務系アプリの開発を

今回は、業務系アプリの開発を依頼する際のポイントについて解説してきました。
自社にとって業務系アプリ開発委託が必要か判断する材料にとなりましたでしょうか。

業務系アプリに関わらず、アプリの開発には多額の費用がかかります。

本当に自社にとって業務系アプリを開発する必要があるのか。
市販のアプリで代用はできないのか

それらをよく吟味して開発を依頼しないと、アプリのパフォーマンスに対してコストが高くついてしまう場合があります。

今後、業務系アプリの開発をお考えの方は、ぜひ本記事を参考に、していただければと思います。

この記事を書いた人

hamagishi 300x300 - 業務系アプリの開発を依頼する際の2つのポイント

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸こと「はま~」と申します。EMEAO!のWebコンテンツの記事を作成させていただきます。 身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました。 豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する