2019.08.01

アプリ開発の依頼にかかる費用相場を個人と専門会社に分けて解説

770ad3d7a40ea65a3e333ca3d94f302f 1 - アプリ開発の依頼にかかる費用相場を個人と専門会社に分けて解説

「アプリ開発を依頼したいけど、どれくらいの費用がかかるんだろう?」

そう疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。
アプリを開発する場合、個人で制作するか、専門会社内でチームをくんで作業をするかでかなり費用がかわってきます。

そこで、本記事ではアプリ開発を依頼する際にかかる費用はどれくらいなのか、個人と専門会社の場合に分けて解説していきます。

この記事でわかること
・アプリ開発を個人に依頼する際の費用相場
・アプリ開発を専門会社に依頼する際の費用相場

個人にアプリ開発を依頼する場合の費用相場はいくら?

質もスピードも、個人の実力に大きく左右されます

個人にアプリ開発を依頼した場合、専門会社に依頼する場合と比較すると費用が安くなる可能性が高いといえます。
個人にアプリ開発を依頼する際にかかる費用の参考として、月額単価の相場をまとめました。

個人にアプリ開発を依頼する場合の月額費用の相場

平均月額費用
フリーランスエンジニア(個人): 40~60万円
フリーランスプログラマー(個人): 18万円前後
参照:マイナビ『ITエンジニア、最も収入を得られる働き方は?』

個人のエンジニアはアプリ開発のためのコードを書く仕事に加えて、仕様書を作る仕事や依頼者の相談に乗るなど、幅広い業務を行うのが特徴です。
それに比べて個人のプログラマーは、企画書を見てコードを書くのが仕事のため、その分報酬も安くなっています。

そのため相対的な費用の差は、個人のエンジニアの方が高くなっています。

かかる費用は個人のスキルによって違いがありますので、あくまで目安として参考にしてください。
もちろん、高いスキルを持っている個人のエンジニアほど、費用が高くなる傾向があります。

また、同じ個人のフリーランスに依頼するとしても、エージェントと呼ばれる仲介業者を通すと手数料が発生するため費用が高くなってしまいます。

ただし、エージェントを通した場合の方が、個人の開発者と連絡がとれなくなるなどトラブルが起こった際にも対応してもらうことができます。

確実にアプリを納品してもらうためには、エージェントを使って個人の開発者とやりとりをし、費用面を抑えたいのなら直接個人と取引をしましょう。

専門会社にアプリ開発を依頼する場合の費用相場はいくら?

チームでの作業なら、スピードや質が一定に保たれやすくなります

専門会社にアプリ開発を依頼した場合、個人と比較すると費用が高くなる傾向があります。
専門会社にアプリ開発を依頼する際の費用はアプリの種類によってかなり幅があるのですが、参考としてゲームアプリとツールアプリの制作費用の相場をまとめました。

専門会社にアプリ開発を依頼する際の総額費用の相場

ツールアプリの場合の費用相場
平均費用:50~300万円
平均人数:1~3人
1人あたりの費用: 50~100万円

ゲームアプリの場合の費用相場
平均費用 :300~1,000万円
平均人数 :6~10人
1人あたりの費用: 50~100万円

※EMEAO!調べによる

個人にアプリ開発を依頼した場合は多くの場合、その個人一人で作業が行われますが、専門会社の場合は複数人でチームを組んで作業をします。
そのため、1人当たりでは個人のフリーランスの費用と比較して高くない場合でも、関わる人数が多くなれば費用も高くなるというわけです。

また、専門会社を維持するには様々な管理コスト(家賃地代や採用費用、広告費用など)が発生する為、それらの費用が商品やサービスの料金に上乗せされます。

ただ、その分豊富な実績からなる経験値があったり、個人では困難な大規模開発や精緻なアプリの開発が出来たり、短納期であったり、保守管理が任せられたり、専門のデバッグチームがあり品質がある程度保証されていたりと、個人のアプリ開発者にはあまり期待できない品質面での担保が期待できます。

アプリ開発費用は個人より専門会社に頼む方が高め!理由はチームで開発に取り組むから

安くしたいなら個人、安定したスピードと質を求めるなら専門会社がオススメ

アプリを開発する費用に関しては、個人よりも専門会社のほうが、高めになると思っておきましょう。

専門会社だと関わる人数が多く費用も高くなる分、役割分担をしてスムーズに開発が進んでいくというメリットもあります。
また、力不足なメンバーがいても他の人がフォローするので品質も一定のものが納品されるでしょう。

もちろんスキルが高い個人のフリーランスの人にお願いすると、納期を早めてくれたり、品質も高いものが納品されるでしょうが、スキルが高いほど費用も高くなる傾向にあります。

以上、アプリ開発を依頼する際にかかる費用を個人と専門会社の場合に分けて解説してきました。
アプリ開発の外部委託を検討される際には、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - アプリ開発の依頼にかかる費用相場を個人と専門会社に分けて解説

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00
関連記事
発注したいジャンルを選択する