2019.10.28

地図アプリの開発を依頼する際の2つのポイント

c84ee5e61ea350df4c74362d5cbdff8d - 地図アプリの開発を依頼する際の2つのポイント

初めて行く場所では、多くの人がスマートフォンで地図を見て道を確認するのではないでしょうか。
大抵スマートフォンには、購入時にあらかじめ地図アプリがインストールされており、始めから使えるようになっています。

旅行会社や出張の多い企業の方の中には、地図アプリを開発したいという方もいらっしゃると思います。

そこで本記事では、地図アプリの開発を専門業者に依頼する際のポイントを紹介していきます。
地図アプリの開発をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

ポイント① オンラインかオフラインかを決める

地図アプリの中には、ネット接続して利用するオンラインタイプと、ネット接続しなくても利用できるオフラインタイプがあります。
また、両方の機能を設定で切り替えるタイプの地図アプリもあります。

通常、地図アプリは検索した地点をネット接続して表示します。
しかし、オフラインタイプの地図アプリでは、ネットにつながらない地域でも地図アプリを利用できるメリットがあります。

オフラインの地図アプリの仕組みとしては、あらかじめネット接続してダウンロードした地図データを使ってナビゲーションをします。
ただし長期間データ更新しない場合、新しい建物や道の情報が反映されないので注意が必要です。

地図アプリの開発をする際、オフラインでも機能するアプリを作るのかそうでないのかを意識して依頼するようにしましょう。

 ポイント② 地図に付随する他の機能の搭載

一般的な地図アプリは、GPSを使った現在地と目的地の表示をすることのみに特化しています。
しかし多くのアプリはそれだけではなく、目的地までのナビゲーションをサポートする機能を搭載しています。

例としては、地図機能に加えて電車の運行情報が表示される機能や、ストリートビュー機能を持つアプリなどがあります。
単純に地図で場所を表示するだけではなく、スムーズに目的地に行くまでのサポートを行っています。

他の地図アプリと差別化するための工夫として、他の機能を搭載することは有効です。
開発を依頼する際は、コスト面を考えた上で付随する機能の搭載も視野に入れたほうがよいでしょう。

独特な機能を持つ地図アプリもたくさん

市販で流通している地図アプリの中には、独特な機能を持つアプリもたくさんあります。

例えば、古い地図と見比べて現在がどのようになっているのかの比較をできる機能や、アニメキャラがボイスでナビをしてくれるものなどがあります。

他にも、イベントタイアップ型の地図や万歩計機能など、アプリを使用するのが楽しくなるような工夫を凝らしている地図アプリが多くあります。

遊び心を持った機能を搭載することは、ユーザーに長く使い続けてもらうための手法の1つといえるでしょう。
もし、開発コストに余裕があるなら、他のアプリにはない独特な機能の搭載を、検討してみてはいかがでしょうか。

場所の表示だけでなく目的地へ着くまでのサポートをする

今回は、地図アプリの開発を依頼する際のポイントについて解説してきました。
自社にとって地図アプリ開発委託が必要か判断する材料にとなりましたでしょうか。

地図アプリを開いても地図の見方が分からない人というのは結構います。
そういった人向けに、より明確に目的地に着くまでのサポートをする機能を、搭載しているアプリは多いです。

地図アプリの開発を依頼する際は、他のアプリと差別化するためにも、役立つサポート機能を搭載することも視野に入れたほうがよいでしょう。

今後、地図アプリの開発を外部受注する予定の方は、ぜひ本記事を参考に、していただければと思います。

この記事を書いた人

hamagishi 300x300 - 地図アプリの開発を依頼する際の2つのポイント

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸こと「はま~」と申します。EMEAO!のWebコンテンツの記事を作成させていただきます。 身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました。 豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する