2019.10.28

ゲームアプリの開発を外注する際の3つのポイント

d34e24bc794904d7285b60541cd1a96a - ゲームアプリの開発を外注する際の3つのポイント

スマートフォンやPCから、ゲームアプリをダウンロードして手軽に遊ぶ文化は、今や世界中に広がっています。
もともとブラウザ上で遊ばれた人気のソーシャルゲームも、アプリ化されて配信されているケースも多くあります。

ゲームアプリを開発する際、個人で開発するか外注するかを選択します。
「ゲームアプリを外注開発して多くの人に遊んでもらいたい…」

そんな考えをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしアプリを外注する際、何に気を付ければいいのか分からないですよね。

そこで本記事では、ゲームアプリの開発を外注する際のポイントを紹介していきます。
ゲームアプリの開発の外注をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

ポイント① 外注するゲームジャンルの確定

ゲームアプリの開発を外注する際、外注開発するゲームジャンルやスペックによって大きく費用が変わってきます。

ゲームを外注開発する相場は数万円~1千万円程度と大きく差があります。
金額の差はそのままゲームスペックの差につながっており、複雑な構造になるほど金額とデータ量が大きくなります。

外注先によっては、パズルゲームやアクションゲームなどのゲームジャンルで、金額に差が出ます。
開発を外注する会社から、ジャンルごとの大まかな金額を教えてもらって見積もりをだしてもらいましょう。

また外注会社によって、作成が得意なジャンルによって費用が安くなることもあります。
作成したいアプリが、得意な外注先を探すことがコスト削減につながるでしょう。

外注開発したいゲームが、どのようなものでどの程度のスペックが必要か、外注先と相談しつつ確定しましょう。

ポイント② OSごとのアプリの作成

ゲームアプリはデータの容量が大きいものが多く、web上で動作するwebアプリではどうしても動作が遅くなってしまいがちです。
そのため端末機器上にインストールする、ネイティブアプリの形態で配信されるケースが多いです。

ネイティブアプリはOSごとに対応したものを作成しなければなりません。
基本はiOSとAndroid OSの2種類を作成するため、どうしてもコストは高くなってしまいます。

外注先によって価格は変わってきますが、外注先の得意な分野によっては安く済む場合があります。

必ずしも2種類のアプリを外注依頼する必要はありませんが、幅広く配信したいなら外注費を高めに見積もっておきましょう。

ソーシャルゲームのアプリ化

元々webアプリとして配信されていたソーシャルゲームを、モバイル端末用にネイティブアプリ化するケースが増えてきました。

ソーシャルゲームの特徴は、ゲームを通じて他のユーザーと共に楽しめることにあります。
モバイル端末用にアプリ化することで、課金がしやすく他のアプリとの併用で、よりユーザーがゲームを楽しむことがきます。

ゲームアプリの開発を外注する際、既にモバイル端末用に転用したい自社のゲームがあるなら、外注した際の開発コストは大幅に下がるでしょう。

ポイント③ 課金システム搭載においての手順

ゲームアプリを外注開発することおいて、課金システムを組み込んでいるアプリは多くあります。

課金システムを利用するためには、対応OSの運営会社へ申請と登録をする必要があります。
登録されたライセンスをアプリ内に組み込むことで、ユーザーからの課金が収益として登録者に振り込まれます。

ただし課金で得た収益の一部を、アプリストアの運営会社に支払わなければならない義務が発生します。

アプリを外注する前に必要な登録や申請は済ませておきましょう。

外注先の得意な分野によってコストが変わる

今回は、ゲームアプリの開発を外注する際のポイントについて解説してきました。
自社にとってゲームアプリ外注開発が必要か判断する材料にとなりましたでしょうか。

ゲームアプリはスペックによってコストが大きく変わってきます。
しかし、スペックがあまりにも低く人気が出ない場合、ダウンロード数も伸びずに収益も見込めません。

また、開発を外注する会社が得意とするジャンルであれば、コストは低くなるケースがあります。
開発したいアプリのタイプやジャンルを決めてから、それを得意とする外注先を選びましょう。

その上で持てるコスト内でどれほどのスペックを搭載するのかを、外注する依頼先とよく相談する必要があります。

今後、ゲームアプリの開発を外部受注する予定の方は、ぜひ本記事を参考にしていただければと思います。

この記事を書いた人

hamagishi 300x300 - ゲームアプリの開発を外注する際の3つのポイント

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸こと「はま~」と申します。EMEAO!のWebコンテンツの記事を作成させていただきます。 身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました。 豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する