2020.01.27

店舗アプリは集客に役立つ?導入するメリット・デメリットとは

9b6873da7fc126ccbaae4c6e3f743e72 - 店舗アプリは集客に役立つ?導入するメリット・デメリットとは

この記事を書いた人

IMG 4482 300x300 - 店舗アプリは集客に役立つ?導入するメリット・デメリットとは

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸と申します。コンテンツ作成と取材を主に担当しております。身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました!豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

近年スマホの普及とともに、店舗アプリを提供する実店舗が多くなってきました。

「店舗アプリを導入することで、店舗側に具体的にどのようなメリットがあるか分からない」
そう疑問にお思いの事業者様も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、店舗アプリを導入するメリットとデメリットについて解説します。
店舗アプリを導入するか迷っている事業者様は、ぜひ検討材料になさってください。

この記事でわかること
  • 店舗アプリとは何か
  • 店舗アプリを導入するメリット
  • 店舗アプリを導入するデメリット

そもそも店舗アプリとは?

店舗アプリとは、お店の情報を掲載したアプリのことです。
店舗アプリでは主にクーポンやセール情報を配信したり、スタンプカード機能を使用することができます。

顧客がチラシやクーポン券などの紙媒体を持ち歩く必要がなくなるため、店舗アプリはスマホ世代に対応した新しい集客方法として注目されています。

店舗アプリを導入するメリットとデメリット

店舗アプリはスマホ世代に対して、チラシやメールマガジンよりも顧客に情報を見てもらいやすいというメリットがあります。
しかし、店舗アプリを開発して導入した際には高いコストが必要であるといったデメリットもあります。

以下に、店舗アプリを導入するメリットとデメリットをまとめました。

メリット デメリット
・プッシュ機能により顧客の興味をひきやすくなる
・顧客が使いやすいwebクーポンの配信が可能
・スマホ決済機能の搭載で支払いに幅ができる
・インストールまでのハードルが高くアンインストールまでのハードルが低い
・開発する場合は高いコストがかかる
・アプリの維持コストがかかる

以下からは、メリット・デメリットをそれぞれまとめて解説していきます。

店舗アプリを導入するメリット

店舗アプリを導入することで得られるメリットは、従来の集客方法よりも顧客の興味を引くことができるという点です。
従来の集客方法といえば、メールマガジンの配信やチラシ・DMの配布が主流でした。

しかしメールマガジンの開封率は低く、情報を最後まで読まないケースがほとんどです。
また、チラシやDMの配布は実店舗でしか行えず、顧客がなくしてしまって読まないといったケースが多くあります。

対して店舗アプリの場合は、プッシュ通知機能を使うことでダイレクトに顧客へ情報を伝えることができます。
アプリの形式をとることで常にユーザーのホーム上に存在し、アプリを開いてもらいやすくなります。

搭載する機能によってはスマホ決済やwebクーポンの配信など、より顧客が使いやすいアプリにカスタマイズでき、効果的にリピーターの獲得や集客することができます。

店舗アプリを導入するデメリット

既存の店舗アプリはカスタマイズ性に乏しいため、店舗アプリを導入するとなると、必然、店舗アプリの開発を外注することになりがちです。

店舗アプリ開発を外注して導入すると、もちろん開発コストや維持費が必要になります。
搭載する機能や開発会社によっては、100万円程度かかることもあります。

上記のように店舗アプリの開発を外注し導入すると、多額のコストがかかるというデメリットがあります。

しかし、コスト削減のために機能をケチるのはおすすめしません。
店舗アプリ開発の際には、顧客の使いやすさを重視する必要があります。

なぜなら、店舗アプリは顧客にインストールされるまでのハードルが高く、アンインストールされるまでのハードルが低いという特徴があるからです。

顧客はアプリをダウンロードしなくてはいけないという手間が必要なため、どうしてもインストールまでのハードルは高くなってしまいます。
一方アプリをインストールした後は、プッシュ通知が鬱陶しいと思われたりアプリが使いづらいと判断されてしまうとすぐにアンインストールされてしまいます。

費用対効果のバランスを考えながら、店舗アプリの開発・導入をすすめると良いでしょう。

店舗アプリの開発を依頼して、スマホ世代に適した集客をしよう!

以上、店舗アプリを開発するメリットとデメリットについて解説してきました。

スマホが日常に欠かせないツールとなった現代、より店舗の存在をアピールする手段として店舗アプリは適しています。
搭載する機能を工夫して、顧客の使いやすさやリピーター向けのサービスを充実させ、スマホ世代の集客に役立てましょう。

「費用対効果のバランスが良い店舗アプリを外注・導入したい」
「店舗アプリの開発を外注する費用相場が知りたい」
そう思われた事業者様は、ぜひEMEAO!にお問合せください。

アプリ開発に精通した専任コンシェルジュが、要件定義から第三者機関の審査をクリアした優良アプリ開発会社の選定まで、誠心誠意サポートいたします。
ご利用料は完全無料ですので、お気軽にどうぞ!

アプリ開発の関連記事
発注したいジャンルを選択する