2019.10.17

FSSC22000とはなに?概要や取得メリットを具体的に解説!

e84852e04afd06c3ac562275719142d8 - FSSC22000とはなに?概要や取得メリットを具体的に解説!

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - FSSC22000とはなに?概要や取得メリットを具体的に解説!

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集・執筆とお客様へのインタビューを担当させていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

食の安全性が重要視されている昨今、FSSC22000の認証取得を目指そうとお考えの事業者様は多いのではないでしょうか?
しかし、FSSC2200が具体的にどのようなものか分からない方や、取得するメリットが分からないという方もいらっしゃると思います。

そこで本記事では、FSSC22000とは具体的な概要と取得するメリットをご説明します。
食品を取り扱う企業の事業者様は、ぜひご一読ください。

この記事でわかること
  • FSSC22000はどんな規格なのか
  • FSSC22000の対象となる分野
  • FSSC22000を取得するメリット

FSSC22000とはどんな規格?

FSSC22000とは、食品に関するマネジメントシステムの規格です。
もともとは、スイスのジュネーブに本部を置く非政府機関「ISO」が制定した国際的な規格ISO22000をもとに新しく制定された規格で、世界食品安全イニシアチブによって認証されています。

なぜ新しく制定されたかというと、ISO22000でもある程度の基準は定められているものの解釈に幅があり、より具体的な基準が求められるようになったからです。
FSSC22000にはISO22000の基準に衛生管理の手法など具体的な内容が追加され、より明確化された基準となったため、認証取得に取り組みやすい内容となっています。

つまり、ISO22000よりもさらに安全で確実な食品安全マネジメントシステムを構築・運用するための、国際的な規格がFSSC220000となるわけです。

FSSC22000の対象となる分野

FSSC22000の規格で定められた食品管理マネジメントシステムは、食品やそれに関わる分野までの製造業が対象分野となります。
となるのかをご紹介していきます。
マネジメントシステムの審査を行う一般社団法人日本品質保証機構のHPでは、FSSC22000の対象分野に関して以下のように記しています。

  • 腐敗しやすい動物性製品(ハム・ソーセージや乳製品、水産加工物など)
  • 腐敗しやすい植物性製品(果物や野菜のジュースなど)
  • 腐敗しやすい動物性および植物性の混合製品(ピザやサンドイッチ、惣菜など)
  • 常温保存品(缶詰や砂糖など)
  • 化学製品(ビタミンや添加物など)
  • 包装資材(直接もしくは間接的に食品にふれるもの)
    引用:一般社団法人日本品質保証機構HP

上記のように食品そのものに関することはもちろん、添加物や食品を包装する資材なども対象となります。

 FSSC22000認証取得のメリットとは

それでは、FSSC22000を取得した場合には、どのようなメリットがあるのでしょうか。
一般財団法人日本品質保証機構のHPでは、FSSC22000を取得するメリットについて、以下の項目が挙げられています。

  • 食品の安全な提供に関するリスクの低減
  • 業務効率の改善や組織体制の強化
  • 仕事の見える化による業務継承の円滑化
  • 継続的な改善による企業価値の向上
  • 法令順守(コンプライアンス)の推進
  • 海外企業を含む取引要件の達成
    引用:一般財団法人日本品質保証機構HP

以上から分かるように、企業はFSSC22000の認証を取得することで、より安全な食品を消費者に提供できるようになり、業務効率の改善もできるというメリットを得られます。
さらには、世界規格のFSSC22000認証を取得することで、他社との差別化によるブランディング力が強化や社内のモラルや意識向上などにもつながることが期待できます。

FSSC2200とは、より安全で確実な食品管理を実現するための国際的な基準

以上、FSSC22000の概要と対象となる製造分野、認証取得のメリットなどをご紹介してきました。

FSSC22000は食品に関するマネジメントシステムの規格であり、同じ食品を対象とするISO22000よりも安全かつ確実な食品管理ができるシステムを、確立することができます。
認証を取得する過程で業務効率の改善も可能であり、認証を取得することで他社と差別化できるブランディング力も得られます。

食品を取り扱う企業であれば、会社の体制改善やイメージアップのためにも、FSSC22000取得を目指すほうがよいといえます。
ただし、マネジメントシステムの確立には専門知識が必要なため、プロにコンサルティングをしてもらうことが一般的です。

EMEAO!にご相談いただくことで、FSSC22000取得に関して自社に適したコンサルティングができる会社を無料で事業者様にご紹介いたします。
EMEAO!がご紹介する業者は、第三者機関の審査をクリアした優良な業者のみのため、安心してお任せいただけます。

Pマーク・ISO取得の関連記事
発注したいジャンルを選択する