2019.11.01

ISO22000とは?目的から規格の詳細まで簡単に解説

f60db73fbef43128fa4e8c28faac1e7b - ISO22000とは?目的から規格の詳細まで簡単に解説

食の安全が叫ばれるようになって久しい昨今、自社の提供する製品やサービスの安全性を証明することは容易ではありませんよね。
どれだけ安全性に取り組み喧伝したところで、自社の言葉だけでは説得力に欠けることも。

そういった背景を反映するように、“権威ある第三者機関から得る食の安全についての信認”ともいえるISO22000認証を取得する組織は、年々増加傾向にあるといわれています。

では、なぜISO22000認証取得が企業の食の安全性への信認に繋がるのでしょうか?

ここでは、ISO22000の目的から規格の詳細までを解説していきます。
自社の製品やサービスの安全性を高めたい、証明したいと考えている食品関連の事業者の方は、ぜひご一読ください。

そもそもISOとは?ISO22000とは?

ISOとは、スイスに本部を置く「国際標準化機構」のことで、この機関が定めている規格をISO規格と呼びます。

この規格は、製品そのものを対象とする「モノ規格」と、組織を適切に管理するための「マネジメントシステム規格」の2種類に分けられており、その規格総数は5万以上にもなります。

その中のひとつであるISO22000は、「フードチェーン(食品の生産から消費者に届くまでの全ての段階)全体における食の安全を守るための仕組み」を構築するために制定されたマネジメントシステム規格です。

ISO22000を構成する4つの要素

ISO22000の要求事項は以下の4つの要素から構成されています。

  1. 相互コミュニケーション(互いに連絡を取り進めること)
  2. システムマネジメント(仕組みで保証すること)
  3. 前提条件プログラム(安全衛生条件を維持するために必要な基本条件そして活動すること)
  4. HACCP(7原則12手順により食の安全を確保すること)
    引用:日本適合性認定協会

食品衛生管理手法のHACCP(ハサップ)の内容を全て含み、様々な業種に適応するための要素を取り入れているのが特徴です。

HACCPについての詳細は、次の記事をご覧ください。

ISO22000を取得可能な対象組織は?

既述の通り、ISO22000は、「フードチェーン(食品の生産から消費者に届くまでの全ての段階)全体における食の安全を守るための仕組み」を構築するために制定されているため、食品に係るあらゆる組織が対象となります。
以下は、その一例です。

  • 作物生産者
  • 飼料生産者
  • 一次食品生産者
  • 食品製造業者
  • 卸売業者
  • 小売業者
  • 食品サービス業
  • ケータリング業者
  • 輸送、保管及び配送サービスを提供する事業者
  • 包装材料の供給者 など
    引用:日本規格協会グループ

ISO22000認証取得のメリット

では、ISO22000認証を取得すると、企業にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
ISO22000認証取得に関する書籍の出版などを行う日本規格協会グループによると、以下のようなメリットが挙げられています。

  • 消費者や顧客からの信用と信頼を高め、組織のブランド力を強化できる
  • 組織体制の強化とコンプライアンス(法規制への遵守)の推進に繋がる
  • 製造物責任やリコールのリスクを軽減できる
  • 食品安全に対する従業員の意識向上が図れる
  • 仕事の見える化が進み、業務効率が高まる
  • 海外の企業を含む取引要件を満たすことができる
    引用:日本規格協会グループ

ISO22000認証を取得するまでの流れ

まず、認証取得までの大まかな流れを見ていきます。

認証取得を目指す組織は、食品の安全を守るための目標と方針を定め、「規定」や「手順」など、その組織体系に適したルールを策定して、マネジメントシステムを構築します。

次に、そのマネジメントシステムを運用し、PDCAサイクルを回すことでシステムの継続的な改善と最適化を図ります。

PDCAとは、Plan(計画)、 Do(実行)、Check(評価)、 Act(改善)の4段階を繰り返すことによって、業務を改善する手法のこと。

この一連のマネジメントシステム構築と運用において重要な役割を果たすのが、ISOが定めた「要求事項」です。

要求事項とは、食品の安全を守るために組織が実現するべき要件に当たるものです。

ISO認証機関は、この要求事項に基づいてマネジメントシステムの審査を行い、基準を満たしていると認めた際に、組織に認証を付与します。

 

ISO22000の認証取得の目的および規格内容は、食品安全への継続的な取り組み姿勢の表明です!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、ISO2200の概要がご理解いただけたと思います。

ISO22000の認証取得の目的および規格内容は、食品安全への継続的な取り組み姿勢の表明です。

ISO22000の取得には多くのメリットがあり、企業の持続的な発展へ寄与するものです。
しかしその分、費用や認証までの時間等も多くかかるのも事実。

ISO22000認証取得に迷っている方は、ぜひ一度ISO認証取得を支援しているコンサルティング会社へご相談されてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - ISO22000とは?目的から規格の詳細まで簡単に解説

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する