2019.10.28

ショッピングアプリの開発を専門会社に依頼する際の3つのポイント

ff685a44fc552860bd89ef52d2f58e07 - ショッピングアプリの開発を専門会社に依頼する際の3つのポイント

この記事を書いた人

IMG 4482 300x300 - ショッピングアプリの開発を専門会社に依頼する際の3つのポイント

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸と申します。コンテンツ作成と取材を主に担当しております。身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました!豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

15~79才の男女1万人を対象にした調査では、ネットショッピングの利用率は58%との結果が出ており、需要に応えるかたちで多くの企業がショッピングアプリを提供しています。

ショッピングアプリのリリースをお考えの事業者様は多くいらっしゃいます。

そこで本記事では、ショッピングアプリの開発を業者に依頼する際のポイントを紹介します。
ショッピングアプリの配信をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

参照:株式会社野村総合研究所 公式HP “8回目の「生活者1万人アンケート調査」を実施 ~ 情報端末利用の個人化が進み、「背中合わせの家族」が増加 ~”

この記事でわかること
  • ショッピングアプリ開発依頼の際に決めておくべきこと
  • ショッピングアプリにおすすめの機能

依頼のポイント①必要な機能を考える

基本的な買い物機能以外にプラスアルファで欲しい機能はないか? という点を考えておくと、依頼打ち合わせの際にスムーズです。

ショッピングアプリには、商品を検索・購入する機能以外にもさまざまな機能を搭載するケースがあります。

ショッピングアプリの追加機能一例

  • プッシュ通知機能
  • クーポン配布機能
  • お気に入り機能
  • AR試着機能
  • 商品ページのシェア機能

セール情報などをプッシュ通知で知らせることで、ユーザーが自分の意志でアプリを開かずとも自社のサービスをアピールして、商品への興味を持ってもらうことができます。
また、買い物かごとは別に検討中の商品を保存する「お気に入り機能」は利用者にとって使い勝手が良く、顧客満足度の向上が期待できます。

単純に購入するための場を提供するだけでなく、ユーザーが商品に興味を持ち、購入しやすいように導くことがショッピングアプリの大きな目的の1つです。

商品ページ、買い物かご、購入・決済画面といった最低限の機能でもショッピングアプリとしては成立します。
しかし、オプションで便利な機能を追加することで、戦略的にユーザーを購入まで誘導することも可能なのです。
予算に余裕のある場合は、ぜひ機能の追加を検討しましょう。

使いやすさが何よりも重要

ユーザーにとって、ショッピングアプリは「商品の検索」「商品の選択」「購入手続き」「発送手続き」と手順が多くあります。
そのため、使いづらいアプリだと購入までの過程で挫折してしまうユーザーも現れてしまうでしょう。
特に、購入・発送手続きでは入力しなければならない情報が多く、ユーザーのストレスになりやすい要素です。

使いやすく、明確であることはどのアプリ開発でも重要なことですが、ショッピングアプリにおいては使い勝手が売上という結果に顕著に現れる傾向があります。

依頼のポイント②決済の方法を考える

ショッピングアプリの決済方法は、銀行振り込みやコンビニ決済、クレジットカードが主流です。
しかし近年では、スマホ決済サービスの需要が伸びてきています。

PayPayやLINE Payなどのスマホ決済サービスは、若年層での利用が広がっています。
従来のクレジットカード決済とは異なり、ショッピングアプリ一つひとつにクレジット情報を登録する手間も省くことができるため、利用者にとっての利便性が高い決済手段です。
今後も利用者の拡大が期待できるため、若年層がターゲットの場合はスマホ決済への対応も検討してみましょう。

参照:MMD研究所 “スマホ決済サービス、約半数がアプリをインストールした後に利用をしていない 非接触決済はQRコード決済より利用頻度が高い”

依頼のポイント③買い物ポイント還元機能の搭載

今やほとんどのショッピングアプリでは、商品を購入するごとにアプリ限定のポイントを付与する機能があります。
自社アプリ独自のポイントを付けることで、ユーザーにお得感を感じさせ、ポイントをためる・使うという目的でアプリを通じての購入の継続を促進できるのです。

キャンペーンやクーポンと併用して利用することで、ユーザーの満足度の向上が見込めるため、買い物ポイントは是非とも搭載したい機能です。
あらかじめポイント還元率などのルールを決めておきましょう。

 ユーザーのショッピングスタイルに合わせた機能を開発アプリに盛り込もう

今回は、ショッピングアプリの開発を依頼する際のポイントについて紹介してきました。
自社にとってショッピングアプリ開発の外注が必要か判断する材料にとなりましたでしょうか。

ショッピングアプリを開発する際の大きなポイントは、ユーザーを購入に導く工夫です。
開発を依頼する前に、具体的にどのような機能を搭載してどのようなサービスを提供するか綿密に計画することが必要といえます。

今後、ショッピングアプリの開発を外部に発注する予定の方は、ぜひ本記事を参考にしていただければと思います。

また、EMEAO!では、ショッピングアプリの開発実績が豊富なアプリ開発会社を紹介しています。
納期や予算、アプリの内容など簡単な条件をお答えいただくだけで、ピッタリな優良アプリ開発会社とのマッチングか叶うサービスです。
お問い合わせは完全無料ですので、お気軽にご利用ください!

アプリ開発の関連記事
発注したいジャンルを選択する