2019.11.01

食品衛生に関する規格、ISO22000、HACCP、FSSC22000の違いとは?

7923fa60b09d8596a43776f1cf0e15ac - 食品衛生に関する規格、ISO22000、HACCP、FSSC22000の違いとは?

「食品衛生に関する規格、ISO22000HACCP(ハサップ)、FSSC22000の違いとは何?」
食品安全管理に関する規格を取得しようとしている事業者様の中には、そんな疑問をお持ちの方も多いですよね。

ISO22000HACCPFSSC22000は取得することで、食の安全を実現するための仕組みを確立できるうえ、第三者機関からの認証を得たことで、取引先や消費者の信用を得やすくなるというメリットがあります。

どれも食の安全を実現するための規格ですが、対象となる範囲や管理方法など、実際の取得や取引先選定の際には、知っておかなければならない重要な項目がいくつかあります。

それぞれの違いについて正しく認識しておかないと、自社にとって最適でない規格の取得を目指してしまうことも……。

そこで今回は、ISO22000HACCPFSSC22000の違いについて解説します。
食品安全管理に関する規格の取得が必要な事業者様は、ぜひ最後までお読みください。

 そもそもISO22000HACCPFSSC22000とは何

まずISO22000HACCFSSC22000とはそれぞれ何でしょうか? 順番に見ていきましょう。

 HACCP(ハサップ/危害要因分析必須管理点とは?

HACCAPとは、食品安全管理に関する継続的かつ技術的な手法のことです。
HACCAPは、Hazard Analysis and Critical Control Point(危害要因分析必須管理点)の頭文字をとった略称です。

具体的には、各原料の受入から食品の製造にいたる工程で、感染症や食中毒といった健康被害のトリガーとなる要因(ハザード)を分析し、科学的根拠に基づき継続的に管理し安全を確保します。

HACCPについての詳細は、以下の記事をご覧ください。

関連コンテンツ
2020年から食品関連事業者に取得が義務化される“HACCP”とは?

 ISO22000(食品安全マネジメントシステム)とは?

ISO22000とは、『食品安全マネジメントシステム-フードチェーンに関わる組織に対する要求事項』に関する国際標準規格のことです。

ISO22000は生産から消費までの全行程における食の衛生と安全を確立することを目的とした規定で、食品製造業とそのサービス供給者に実施が要求されます。

前述のHACCP(食品安全管理の手法)の内容に、ISO9001(品質マネジメントシステム)と、マネジメントシステムであるPRP(前提条件プログラム)、O-PRP(オペレーション前提条件プログラム)、回収(リコール)を加えたものです。

コンビニエンスストアやスーパーマーケットなど、衛生管理が重要視される業界において取得を勧められる規格です。

ISO22000についての詳細は、以下の記事をご覧ください。

関連コンテンツ
ISO22000とは?目的から規格の詳細まで解説

 FSSC22000(食品安全システム認証)とは?

FSSC22000とは、ISO 22000とPRP(前提条件プログラム)の技術仕様書(ISO/TS22002-1等)、およびFSSC22000追加要求事項で構成された食品安全マネジメントシステムに関する国際規格です。
FSSCは、Food Safety System Certification (食品安全システム認証)の頭文字をとった略称です。

ISO22000よりも厳密に前提条件プログラムを設定しており、食品安全対策等ISO22000では言及されていない箇所に対しても触れられています。

FSSC22000についての詳細は、以下の記事をご覧ください。

関連コンテンツ
FSSC22000とは?制定された目的から認証取得のメリットまで解説!

 HACCPISO22000FSSC22000の順で画一化されている!

ISO22000HACCPFSSC22000の違いは分かりましたか?

最初に食品の衛生管理として誕生したHACCP

しかしHACCPの管理手法などは業界・業種などによって異なり、ガイドラインを作成したものの、厳密に規定されているとまでは言い難かったです。

そこで食品に関わるすべての業種に当てはまる国際規格として新たに誕生したのがISO22000

しかしISO22000においても、手洗いや消毒の方法など業者任せの部分があったため、大規模な食品汚染事故などが発生。

二度とこのような事態を起こさないためにも、さらに厳密になったバージョンがFSSC22000です。

それぞれほかにも細かな違いはありますが、ISO22000HACCPFSSC22000の大まかな違いは上記のような認識で問題ないでしょう。

 ISO22000HACCPFSSC22000の違いとは?

では、上記3つの主な違いは何なのでしょうか?

HACCPとISO22000と FSSC22000の違い①.位置づけが異なる

HACCPISO22000と FSSC22000では、規格の誕生の目的や経緯が異なります。

HACCPは食品安全のガイドラインで、食品製造や加工の工程にて、どのような危害が発生するかを分析し、工程のどの段階にて対策を練ればいいかなどについて記載されています。

しかしHACCPのガイドラインは国や認証団体によって基準が異なるため、より汎用性のあるものが求められるようになりました。

その結果、登場したのがISO22000FSSC22000といった国際規格です。

食品の流通経路は年々複雑化しており、国によって手続きなども大きく異なります。

そんなバラバラな基準を統一しようと生まれたのが、ISO22000や FSSC22000といった国際規格なのです。

 HACCPとISO22000と FSSC22000の違い②.前提条件プログラムが異なる

HACCPは国や認証団体によって前提条件プログラムも違いますが、ISO22000FSSC22000では明確に規定されています。

しかしISO22000では、手洗いや消毒の方法などは業者に任されていたため、ISO22000取得企業・団体であっても大規模な食品汚染事故などが発生するといった事態が起こりました。

その結果、生まれたのがさらなる厳格な規定を作ったFSSC22000です。

FSSC22000が最も画一化された食品衛生管理の国際規格といえます。

HACCPとISO22000と FSSC22000の違い③.ハザード管理が異なる

科学的根拠に基づいて、食品を取り扱う各工程の中で発生しうる危険因子を事前に予測し、徹底的に管理することを“ハザード管理”といいます。
重点的な管理においては、三者とも著しく危害が発生する可能性があるポイントのみ管理しています。

HACCPでは、一般的な衛生管理のプログラムと各工程における危険因子の管理が行われますが、項目についての決まりは特にありません。

対して、ISO22000と FSSC22000では日常的な衛生管理においては明確な項目が規定されており、さらにモニタリングが必須となる中間管理といった少し厳しい管理が存在します。

HACCPとISO22000と FSSC22000の違い④.適用範囲が異なる

業界団体によるHACCP認証の適用範囲はその業界・業種に限られます。

一方、ISO22000と FSSC22000では畜産・水産(動物生産)、農業(植物生産)、食品製造、動物の飼料製造、ケータリング、流通、輸送及び保管サービスの提供、サービス、食品包装及び包装資材の製造、装置の製造、化学製品の製造といった幅広い業界・業種に当てはまります。

食品の衛生管理は食品の製造業者に一任されるものではありません。
管理・輸送・包装資材の製造など食品に関わるあらゆる業者にその責任が課せられているとISO22000FSSC22000では考えられているのです。

食品安全の仕組みには段階がある!

いかがでしたでしょうか?この記事を読んでいただくことでISO22000、HACCP、FSSC22000の違いがご理解いただけたと思います。

ざっくり言うと、HACCPは材料の受入から製造工程における食品安全管理を担い、FSSC 22000とISO 22000は、材料の受入から販売に至るまでの全工程での食品安全管理を担います。

自社がどの段階における食品安全管理に取り組まなければならないか検討し、適切な規格を取得しましょう!

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - 食品衛生に関する規格、ISO22000、HACCP、FSSC22000の違いとは?

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する