2020.03.12

NTTのビジネスホンは他メーカーとどこが違う?3つの特徴を紹介

5412bb206e17515a975a7b70a2aba8fd - NTTのビジネスホンは他メーカーとどこが違う?3つの特徴を紹介

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - NTTのビジネスホンは他メーカーとどこが違う?3つの特徴を紹介

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集・執筆とお客様へのインタビューを担当させていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

「いろんなメーカーがある中で、どのビジネスホンを選べばいいのかわからない…… 」
と悩まれている事業者様もいらっしゃるでしょう。

そこで今回の記事では、NTTのビジネスホンの代表機種や全般的な特徴、設置に向いているオフィスまで詳しく解説します。
ビジネスホン選びでお困りの事業者様は、ぜひご一読ください。

この記事でわかること
  • NTTのビジネスホンの代表機種
  • NTTのビジネスホンの特徴
  • NTTのビジネスホンはどんなオフィスにおすすめなのか

NTTのビジネスホンについて簡単なご紹介

NTTは1985年に設立された特殊会社で、NTTグループの持株会社として存在しています。
グループ企業に「NTTドコモ」「NTTコミュニケーションズ」などがあり、高い通信技術を有しています。

NTTのビジネスホンには、以下のような代表機種があります。

NTTのビジネスホンの特徴とは?

ここからは、NTTのビジネスホンの特徴について詳しくご紹介していきます。
NTTのビジネスホンは大きく3つの特徴を備えています。

特徴①接続台数が多い

NTTのビジネスホンは最大接続台数に優れています。
具体的には、外線であれば最大384ch、内線であれば最大1152台 が接続可能です。

最大接続数が多いため、従業員の人数が多い大規模なオフィスへの設置に向いています。

特徴②ラインナップが多種多様

NTTは大手ということもあり、多種多様なラインナップのビジネスホンを提供しています。
そのため、どのような事業内容や環境でも、適した機種が見つかるでしょう。

例えば普通のオフィス以外に、ホテルや福祉施設などで使いやすい機能がついた機種もあります。

さらに、過去の提供事例で蓄積されたデータをもとに、業界ごとに最適化したサポートも提供してもらえます。

特徴③BCP対策が万全

NTTのビジネスホンは、BCP対策が施されています。
ご存じの方も多いでしょうが、BCP対策とは、企業が災害や火災といった緊急事態に合った際、資産損害を最小限にして早期復旧するための備えをしておくことです。

NTTのビジネスホンなら、停電して正常な電力供給が受けられないときにも、一定時間通話が可能なように設計されています。
さらに、音声メールをクラウドに保存することもでき、電力供給正常化後の迅速な業務復帰に役立ちます。

NTTのビジネスホンはどんな場合におすすめ?

上記のような特徴から、NTTのビジネスホンは以下のようなオフィスへの設置に適しているといえます。

NTTのビジネスホンはこんなオフィスにおすすめ

  • 従業員の多い大規模なオフィス
  • オフィス以外の特殊な環境に設置したい
  • BCP対策をしておきたい

NTTのビジネスホンはラインナップが豊富!さらに接続台数とBCP対策に優れている

今回はNTTのビジネスホンの代表的な機種や全般的な特徴、どんなオフィスへの設置に適しているのかについてご紹介しました。
NTTのビジネスホンは、接続台数が多く、ラインナップが豊富で、BCP対策が万全という3つの特徴を持っています。

「さっそくNTTのビジネスホンを発注したい!」
「他メーカーについても知りたい!」
と思われた事業者様は、ぜひEMEAO!にお問い合わせください。
機種選びに関するアドバイスから、NTTのビジネスホンを取り扱っている優良業者のご紹介まで、誠心誠意サポートさせていただきます!

ビジネスホンの関連記事
発注したいジャンルを選択する